第21節 湘南ベルマーレ

2010Jリーグディビジョン1 第21節 公式記録
2010年8月28日(土)19:04 キックオフ ユアテックスタジアム仙台

入場者数 14,395人 天候 曇、弱風 気温 26.7℃
湿度 76% ピッチ 良芝、乾燥 時間 90分
主審 吉田 寿光 副審 相樂 亨 / 五十嵐 泰之
第4の審判 河合 英治 記録員 平井 恵美子

2010_sendai.gif ベガルタ仙台 2 0前半0
2後半1
1 湘南ベルマーレ 2010_shounan.gif

ポジション 番号 選手   選手 番号 ポジション
GK 16 林 卓人 先 発 野澤 洋輔 1 GK
DF 23 田村 直也 臼井 幸平 5 DF
DF 3 渡辺 広大 村松 大輔 6 DF
DF 2 鎌田 次郎 山口 貴弘 4 DF
DF 27 朴 柱成 島村 毅 30 DF
MF 17 富田 晋伍 田村 雄三 2 MF
MF 31 斉藤 大介 寺川 能人 7 MF
MF 11 関口 訓充 坂本 紘司 8 MF
MF 10 梁 勇基 エメルソン 40 FW
FW 19 朴 成鎬 中村 祐也 22 FW
FW 24 赤嶺 真吾 阿部 吉朗 11 FW
     
GK 22 桜井 繁 控 え 都築 龍太 39 GK
DF 6 エリゼウ 阪田 章裕 14 DF
DF 5 一柳 夢吾 遠藤 航 33 DF
MF 18 高橋 義希 ハン グギョン 15 MF
MF 15 太田 吉彰 馬場 賢治 17 MF
FW 14 平瀬 智行 田原 豊 9 FW
FW 9 中原 貴之 新居 辰基 18 FW
     
手倉森 誠 監 督 反町 康治

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
  16分[警告]  6 村松 大輔 [C1]
  21分[警告]  22 中村 祐也 [C2]
  39分[警告]  30 島村 毅 [C1]
24 赤嶺 真吾 → 15 太田 吉彰  46分[交代]  7 寺川 能人 → 15 ハン グギョン
 22 中村 祐也 → 9 田原 豊
10 梁 勇基 
[中央 相手DF クリア こぼれ球 10 左足S]
 
52分[得点]  
  54分[得点]  11 阿部 吉朗
 [右 5 → 中央 11 右足S]
  61分[警告]  40 エメルソン [C1]
19 朴 成鎬 → 9 中原 貴之  65分[交代]  
9 中原 貴之 
[左 31 → 27 ↑ 中央 9 ヘディングS] 
73分[得点]  
  76分[交代]  8 坂本 紘司 → 17 馬場 賢治
  77分[警告]  9 田原 豊 [C2]
10 梁 勇基 [C5]  83分[警告]  
  88分[警告]  15 ハン グギョン [C1]
10 梁 勇基 → 18 高橋 義希  89分[交代]  

[警告] C1:反スポーツ的行為、C2:ラフプレイ、C3:異議、C4:繰り返しの違反、C5:遅延行為、C6:距離不足、C7:無許可入、C8:無許可去
[退場] S1:著しく不正なプレイ、S2:乱暴な行為、S3:つば吐き、S4:得点機会阻止(手)、S5:得点機会阻止(他)、S6:侮辱、CS:警告2回
[得点] ~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート

90 45   45 90
10 7 17 シュート 5 2 3
5 4 9 GK 11 3 8
4 6 10 CK 3 2 1
6 6 12 直接FK 16 13 3
1 0 1 間接FK 5 1 4
1 0 1 オフサイド 4 1 3
0 0 0 PK 0 0 0

手倉森誠監督記者会見

<総括>

 今日、ゲームの前に前節の大宮戦を振り返りながら、手堅い守備で隙を突く戦い方で3点を取れたところから、今日の湘南戦は一進一退になるゲームも覚悟しよう、という話をしました。どういう出方をしてくるのか、ブロックを組んで守るのか、プレッシングでくるのか、という出方を読みながら、チームとして90分間攻守のバランスを保ちながら戦おうと、そうすれば勝ち点3を取らなければいけない両チームの戦い方で、じれるのは湘南だと考えました。今日はホームだけれどもアウェイメンタルと同じだと、これから先に勝ち点3を量産するためにはそのサッカーを続けていこう、という話をしました。
 90分間、バランスを整えながら、自分も1点取るまで、1-1に追いつかれたときに後ろの人数とフォーメーションを変えながら狙おうかと思った時間帯もあったのですが、選手に自分が「90分間攻守のバランスを崩さずに戦おう」と言いながら自分が崩すわけにはいかなかったので、ああいう戦い方、交代の仕方で、手堅くいきました。また、今日は途中交代の太田と中原が本当にいい仕事をしてくれました。
 浦和戦の時から、14戦勝ちなしのチームが16戦負けなしということも起こり得るという話をして、ここで3つ(負けなしで)きたので、あと13試合、本気になって、そのつもりで戦おうという話を選手にしました。
 久しぶりにホームで勝てたことで、サポーターに勝ち点3をプレゼントできたこと、また、今日の勝ち点3は本当に半分以上はサポーターの力で取れたことに感謝しています。
 これからのJリーグヤマザキナビスコカップも思い切って戦える、という話をしてきました。常に上を見て戦っていきたいと思います。

■赤嶺選手が太田選手に交代してから、これまでその組み合わせでやってきた4-3-3ではなく今日は4-4-2にしたのも、バランスを重視してのことでしょうか。

 そうですね。相手のセンターバックが2トップに少し手を焼いているところが見えたので、4-4-2でそのままいっていました。逆にいうと、その交代で流動的にどこかでシフトチェンジすることも考えながら、赤嶺がだめだった場合の太田だった、というところです。

■フェルナンジーニョ選手と赤嶺選手がけがでいなくなった試合で、代わったフォワードが得点したことについての感想をお願いします。

 フェルナンジーニョも昨日は悔し涙を流すくらい悔しかったと思うのですが、その分もこの苦しい状況をみんなで乗り越えてきているので、やれる選手で精一杯頑張っていこうという話をしています。帰ったレイナルドもいるし、今はけがをしている中島もいるし、出られない選手の分もみんなで戦おうと約束したメンバーなので、みんながそれぞれエネルギーを出してくれていると思っています。それに、チームの強みである一体感を、ここにきて表現できていると思います。
 赤嶺は足首を後ろから、軸足に重心がかかっているところを押しつけられたような感じなので、今は足をつけないような状況です。Jリーグヤマザキナビスコカップと天皇杯と続いたときに、彼の復帰戦は(リーグ戦の)鹿島戦になればいいと思っています。Jリーグヤマザキナビスコカップは出られないので、早い回復を祈りたいと思います。

■「相手の出方を見ながらの戦い」ということでしたが、湘南が三段階くらいリズムの変わるタイミングがあった中で、仙台としては対策を採らなければいけないタイミングはどのあたりでしたか。

 まず、必死にくるだろう、という話をしていました。それ以上に我々も必死に戦わなければいけないとも話しました。ただし、「負けたら」という思いに関しては、湘南の方が多分我々より思いが強いだろうと思いました。そうなったときに、慎重にくるときの方を我々としては予測していました。ただし、前に走れる選手を置いたときに、少しは裏を取りにくるのかというところを見ていたのですが、我々のディフェンスラインがいいコントロールをしてくれていました。
 そうなったときに、(湘南が)寺川選手と中村選手を代えて、ハン選手と田原選手を入れてきたので、そこでスイッチを入れてきたなと思いました。だから、後半の入り方でしっかり入らなければ、先制点を与えたら厳しい試合になると思いました。入り方に注意して、先制点を先に取れたことはよかったのですが、取った後のラインで逃げたあたりが失点に繋がったと思いますから、取った後の時間帯を少し修正したいと思います。

■中原選手が点を取ったことと、降格圏の16位から抜け出したことについての感想をお願いします。

 この間の大宮戦を完勝できた中で、みなさんにも「仙台にとって相性の良いチームだな」と思われた方も多いと思いますが、前節にそういった相性というところが自分の頭に残っていて、中原の湘南に対する相性も残っていました。自分としては中原を0-0もしくは同点でいっているときのプランとして、ゴールを生むための武器だと思っていました。その通りの期待に応えてくれました。
 本当に、湘南戦のときの彼のヘディングは、「あそこから決めるのか」というくらいのヘディングが多いので、ああいうミラクルを起こしてくれたのには、サポーターの力が関わっているのかと思います。
 選手と3節前から、「今に見ていろ」という気持ちを持ち続けて戦おうと、14試合勝てなかったチームが確実に降格しているというデータをくつがえしてやろうという話をしていました。そういう気持ちを持ち続けながら戦う回数が今日を含めて14回あります。あとひとつは、前節に勝ったことでサポーターにも涙してくれた人がたくさんいたのですが、ベガルタを生き甲斐にしている人たち、信じてくれているサポーターの人たちのために感謝の気持ちを持ちながら戦おうとして、3つ負けなしできたときに、降格圏から脱出できました。これをまたエネルギーにして、いい方向に行けるように、ひとつずつ勝っていきたいと思います。