ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

試合日程/結果

2014 J1 第8節 サガン鳥栖

<渡邉晋監督記者会見>

<総括>
お疲れ様です。非常に悔しい敗戦です。前半の立ち上がり、前半の終盤にかけて、ロングボールがお互いに増える中でもセカンドボールを拾って攻撃をしかける、というところは我々は表現できていたのかな、と思っています。
ただし、本当に一瞬の隙を突かれての失点というところで、ビハインドを背負った状況での展開になりましたけれども、「後半も自分たちのオーガナイズを崩さずに、あわてずに、焦れずにいこう」という話をしました。
そのなかで先に2点目を取られてしまったところから、少しバランスを崩しながらでも攻めにいかなければいけないというしかけを、少し強調しました。
最後の3失点目は、我々のバランスを崩してリスクを背負った中でも攻撃にいった部分だったので、そのへんはリスク管理というところはありますけれども、攻撃をしにいった裏側の部分ではないかと思います。

■今日はチャンスは作ってもシュートが決まりませんでしたが、それは仙台側があせってシュートを外したのか、それとも鳥栖側の守りが粘り強くしっかりしていたのでしょうか。監督はどちらが大きかったと思いますか。
両面あると思うのですけれども、我々に今できるのは日々のトレーニングから質をより上げていく、我々もそれを求めていく、といったところが、さらに必要になるのかなとは感じています。

■ゴールにはつながりませんでしたが、今日は赤嶺選手がいいかたちを作る場面もありました。赤嶺選手への監督からの評価をお願いします。  
赤嶺に限らず2トップで組んでいたウイルソンも非常に献身的に動いてくれましたし、特に前半は彼らの動き出しで相手を押しこんだシーンが多々あったと思います。
そのなかで、やはり最後の決めきるというところは、彼ら二人だけでなくチームとしてこれからもっともっと修正していかなければいけませんし、その質を高めていかなければいけないと感じています。

■第三の動きやポストプレーのくさびなど、だいぶゴールに迫るかたちはできてきました。そのかたちよりも、その先が問題ということでしょうか。  
両面です。コンビネーションの部分は、実際にまだトレーニングではそこまで、私が就任してからは落としこんでいません。
本当に、少しミーティングで話をした程度だったにもかかわらず表現できたというのは、逆に言うと、彼らに伸びしろがあるということを感じました。
もちろんその回数をもっともっと増やさなければいけないと感じていますし、もちろんその先のゴールというものは質を上げていかなければいけません。
次の5連戦に向けての一週間では、そういったところを少しトレーニングで積極的にトライをしていきたいとは感じています。

■なかなかウイルソン選手に点が入らないのは、監督から見て、ちょっと焦っているように見えますか。それとも彼は時間が来れば大丈夫と見えますか。  
今シーズンにひとつもゴールをあげることができていないというところで、もしかしたら彼にも焦りがあるのかもしれません。
ただし、実績のある選手ですし、本当にひとつ取れれば、量産してくれると信じていますし、それだけの実力のある選手ですから、本当に少し焦っている部分があるとしたら、もう一度落ち着いてフィニッシュができるようなかたちを、それもトレーニングの中で、やっていければいいかなと思っています。

■監督は攻守の切り替えをテーマにしていましたが、守備の部分でサイドを破られていたことについては、次につなげるにあたってどう修正しますか。  
相手のサイドハーフの攻め残りに対しては、警戒をしていた部分ではあります。
前半に気になっていたのは、近いサイドのところでは話をして、対応ができていたかと思います。
ただし、やはり後半に時間が進むにつれて、点差というところでの選手の心理的な部分で、点を取りにいかなければいけないと我々が前にかかったところで、相手が残っていた部分と、それに対して少し我慢しきれなかった部分があると思います。
そこは戦術的にもそうですし、心理的な部分でも、もう一度焦れずに我慢できればと思います。

■3失点のうち先制点が大きかったのでしょうか。  
実際に、先に取られるというのはどの試合でも難しい状況になるとは思うのですが、やはり2点目の方が、少しダメージとしては大きかったのかなと。
なるべく0-1のままでもいければ、追いつくチャンスも来ると信じてやっていましたし、それをもうひとつ取られてしまうと、我々も攻勢に出なければいけませんし、そういった部分では最後のシーンも含めて鳥栖さんのカウンターにはまってしまったと感じます。

■ホームでの勝利がすごく遠のいているなかで、サポーターからすごいブーイングが合ったと思うのですが、それを監督はどのように受け止めていますか。  
それは、サポーターの正直な気持ちだと思います。
これだけホームで勝てていませんし、それが続く状況でもあれだけ後押ししてくれたにもかかわらず、勝点3や白星を届けられないところでの、サポーターの正直な気持ちとして受け止めています。
ただし、我々はこれで終わりではないので。この先にまだまだたくさん試合を進めていきますし、進んでいかなければいけませんし、そういったなかでまた力をふり絞って、ぜひ次こそは、次こそはという気持ちで戦っていきます。


2014Jリーグディビジョン1
01_2014_J1 3月1日 (土) 14:00
vs アルビレックス新潟
02_2014_J1 3月8日 (土) 19:00
vs 鹿島アントラーズ
03_2014_J1 3月15日 (土) 17:00
vs ガンバ大阪
04_2014_J1 3月23日 (日) 15:00
vs 大宮アルディージャ
05_2014_J1 3月29日 (土) 14:00
vs ヴァンフォーレ甲府
06_2014_J1 4月6日 (日) 19:00
vs 浦和レッズ
07_2014_J1 4月12日 (土) 14:00
vs 横浜F・マリノス
08_2014_J1 4月19日 (土) 14:00
vs サガン鳥栖
09_2014_J1 4月26日 (土) 14:00
vs 清水エスパルス
10_2014_J1 4月29日 (火祝) 16:00
vs 川崎フロンターレ
11_2014_J1 5月3日 (土祝) 14:00
vs 徳島ヴォルティス
12_2014_J1 5月6日 (火休) 13:00
vs ヴィッセル神戸
13_2014_J1 5月10日 (土) 16:00
vs セレッソ大阪
14_2014_J1 5月18日 (日) 13:00
vs サンフレッチェ広島
15_2014_J1 7月19日 (土) 19:00
vs 柏レイソル
16_2014_J1 7月23日 (水) 19:00
vs 名古屋グランパス
17_2014_J1 7月27日 (日) 18:30
vs FC東京
18_2014_J1 8月2日 (土) 19:00
vs 大宮アルディージャ
19_2014_J1 8月9日 (土) 18:30
vs ヴァンフォーレ甲府
20_2014_J1 8月16日 (土) 19:00
vs 清水エスパルス
21_2014_J1 8月23日 (土) 19:00
vs ヴィッセル神戸
22_2014_J1 8月30日 (土) 19:00
vs 横浜F・マリノス
23_2014_J1 9月13日 (土) 19:00
vs アルビレックス新潟
24_2014_J1 9月20日 (土) 19:00
vs サガン鳥栖
25_2014_J1 9月23日 (火祝) 14:00
vs 鹿島アントラーズ
26_2014_J1 9月27日 (土) 19:00
vs 川崎フロンターレ
27_2014_J1 10月5日 (日) 15:30
vs FC東京
28_2014_J1 10月18日 (土) 14:00
vs 浦和レッズ
29_2014_J1 10月22日 (水) 19:00
vs 名古屋グランパス
30_2014_J1 10月26日 (日) 13:00
vs 柏レイソル
31_2014_J1 11月2日 (日) 13:00
vs ガンバ大阪
32_2014_J1 11月22日 (土) 17:00
vs セレッソ大阪
33_2014_J1 11月29日 (土) 17:00
vs 徳島ヴォルティス
34_2014_J1 12月6日 (土) 15:30
vs サンフレッチェ広島

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.