ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

試合日程/結果

2014 J1 第30節 柏レイソル

<渡邉晋監督記者会見>

<総括>
 お疲れ様でした。日曜日のデーゲームに、本当にたくさんのサポーターが駆けつけてくれました。我々の背中を後押ししていただいたことに感謝を申し上げます。
 ロスタイムを含めて93分、大方ゲームそのものに関してはコントロールできたのかな、と思っています。前節の名古屋戦の反省から、守備のスイッチをどこで入れようかという話を、中三日の短い準備期間で、トレーニングをしてきました。
 本当にその狙いを持って、守備のスイッチをうまく入れながら、狙いどころをはっきりさせてボールを奪う、そこからカウンターで出ていくというシーンをたくさん作ることができたと思います。攻撃に関しても、レイソルの守備陣が割と人に食いつくということを、一人のチェックの動きで外す、もしくは、コンビネーションで外すといったところを、本当にうまく表現して、数多くのチャンスを作り出せたと思います。
 ただし、我々が今必要なのは勝点3ですし、リスタートふたつで2失点、そこはじゅうぶん反省しなければいけないので、そこをまたしっかり修正・確認してから、残りの4戦に突き進んでいきたいと思います。

■8月の横浜FM戦といい、9月の川崎F戦といい、またしてもロスタイムの失点ということになりました。その要因をどう思われますか。
 それぞれのゲームで最後の局面だけ切り取るのか、それまで90分の流れというものを当然ありますし、川崎F戦にしてみれば、あれだけボールを動かされた状況で最後に足にきてしまった部分も、当然あったと思います。
 ただし、今日のゲームに関して言えば、先程申し上げたとおりに、攻守において、大方コントロールできた内容でしたので、残り数分のところでの失点というものの要因といったところは、今の時点では、何なのかというところも自分の中では正直あります。
 ただし、リスタートでやられたことが、今シーズンは本当に多いですし、そこはじゅうぶんに修正しなければいけないので、トレーニングの量なのかトレーニングの質なのか、残り4戦に向けて、まずはそのリスタートが大きな要素を占めてくると思うので、そのへんをしっかり修正したいと思います。

■前半と後半のやり方で、2トップの関係を何か変えたことはありますか。
 いえ、狙いは一緒です。ただ、やはりレイソルさんも徐々に間延びしてきた部分もありましたし、まずは背後を狙おうという立ち上がりの中で、レイソルさんの最終ラインの背後を、逆に我々が意識させたことで、後半にその間が空いてきたということが狙いどおりだったと思います。
 その話もミーティングでしていましたし、90分トータルで考えれば、いずれ空いてくるスペースはどこなのかと逆算した中で、立ち上がりのしかけ方、後半のしかけ方は変わってくると思います。ただし、狙いそのものに関しては、チームとして同じ、共通意識を持ってやっていたと思います。

■ウイルソン選手がけがをして今日は武藤選手が久し振りに結果を残したわけですが、彼は今日、どれくらい監督の予想していたような活躍をしたでしょうか。今後の残り4試合に向けての手ごたえはあるのでしょうか。
 まず、武藤個人の評価ですが、やはりチームの勝利というものが大前提だと思っているので、勝利に貢献するゴールといったものが必要だったと思います。そういった意味では彼は満足していないでしょうし、私ももっともっとやってほしいとは考えています。
 ただし、一つひとつの動きの質であったり、そのしかけのアイディアであったり、対レイソルというところでの狙いであったり、といったものは、本当に彼が十二分に表現してくれたと思います。周囲も、武藤の良さを引き出そうというような配球も当然ありましたし、そこが勝ちには恵まれなかったのですが、周りの選手との信頼関係というのは、増してくるのかなと思います。
 残り4戦に向けて、もちろん武藤自身がこの得点、今日のパフォーマンスで得た自信と、勝利に結びつかなかったのにはもうひとつ何かが足りなかったのではないかといったところを考えてくれると思いますし、もちろんウイルソンも大きい怪我ではないので、残りの4試合のうちいくつかでは多分戻ってくれると思います。そうなれば、またそれ以外のFW陣も含めて、しっかり競争した中で、ポジションを勝ちとってくれればと思います。

■今日は後半にサイドの選手に代えて、今まででは角田選手を入れていましたが、入れなかった狙いを教えてください。
 まず、菅井が前節に足を痛めて90分やるのは難しいだろうといったところがありました。村上も本当に日々のトレーニングから力を出してくれましたし、何も心配をせずに村上をスタメンにやってきました。ただし、最後の勝負どころで、点を取りたいというふうになれば、菅井の感性といったものは我々の武器でもありますので、そのへんを期待して菅井と村上を交代した、というところです。
 その先の交代ですけれども、相手とのマッチングであったり、三連戦の最後ということで疲労の具合といったものも見たりしながら、推移をしていったのですが、だいぶ、先程申し上げたように、レイソルさんの5と4の間が空いてきたので、その間で引き出す特徴を出せるのは(佐々木)勇人だろうと。当然、クロスといったものも期待できますし、そこで勇人を入れました。もちろん、カク(角田)を入れて、梁をサイドに回すようなものも考えていたのですけれども、カクがボランチに入って当然守備も締まりますし、高さ対策というものも十二分にできると思うのですが、より、仕掛けの部分で点を取りにいきたいというようなメッセージを選手には伝えたかったので、そういった意味で勇人の投入となりました。
 最後の中原のところは、クロスに対して中に入りこむパワーを増したいところがあったので、もちろんそのまま赤嶺を残して高い二人を中央に置くということも考えたのですが、何度も申し上げたように、間が空いてきたところでボールをおさめられるというのも武藤の良さではあったので、そういったところも見て、そのまま赤嶺と中原のスイッチということを決断しました。

2014Jリーグディビジョン1
01_2014_J1 3月1日 (土) 14:00
vs アルビレックス新潟
02_2014_J1 3月8日 (土) 19:00
vs 鹿島アントラーズ
03_2014_J1 3月15日 (土) 17:00
vs ガンバ大阪
04_2014_J1 3月23日 (日) 15:00
vs 大宮アルディージャ
05_2014_J1 3月29日 (土) 14:00
vs ヴァンフォーレ甲府
06_2014_J1 4月6日 (日) 19:00
vs 浦和レッズ
07_2014_J1 4月12日 (土) 14:00
vs 横浜F・マリノス
08_2014_J1 4月19日 (土) 14:00
vs サガン鳥栖
09_2014_J1 4月26日 (土) 14:00
vs 清水エスパルス
10_2014_J1 4月29日 (火祝) 16:00
vs 川崎フロンターレ
11_2014_J1 5月3日 (土祝) 14:00
vs 徳島ヴォルティス
12_2014_J1 5月6日 (火休) 13:00
vs ヴィッセル神戸
13_2014_J1 5月10日 (土) 16:00
vs セレッソ大阪
14_2014_J1 5月18日 (日) 13:00
vs サンフレッチェ広島
15_2014_J1 7月19日 (土) 19:00
vs 柏レイソル
16_2014_J1 7月23日 (水) 19:00
vs 名古屋グランパス
17_2014_J1 7月27日 (日) 18:30
vs FC東京
18_2014_J1 8月2日 (土) 19:00
vs 大宮アルディージャ
19_2014_J1 8月9日 (土) 18:30
vs ヴァンフォーレ甲府
20_2014_J1 8月16日 (土) 19:00
vs 清水エスパルス
21_2014_J1 8月23日 (土) 19:00
vs ヴィッセル神戸
22_2014_J1 8月30日 (土) 19:00
vs 横浜F・マリノス
23_2014_J1 9月13日 (土) 19:00
vs アルビレックス新潟
24_2014_J1 9月20日 (土) 19:00
vs サガン鳥栖
25_2014_J1 9月23日 (火祝) 14:00
vs 鹿島アントラーズ
26_2014_J1 9月27日 (土) 19:00
vs 川崎フロンターレ
27_2014_J1 10月5日 (日) 15:30
vs FC東京
28_2014_J1 10月18日 (土) 14:00
vs 浦和レッズ
29_2014_J1 10月22日 (水) 19:00
vs 名古屋グランパス
30_2014_J1 10月26日 (日) 13:00
vs 柏レイソル
31_2014_J1 11月2日 (日) 13:00
vs ガンバ大阪
32_2014_J1 11月22日 (土) 17:00
vs セレッソ大阪
33_2014_J1 11月29日 (土) 17:00
vs 徳島ヴォルティス
34_2014_J1 12月6日 (土) 15:30
vs サンフレッチェ広島

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.