ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

試合日程/結果

2014 J1 第33節 徳島ヴォルティス

<渡邉晋監督記者会見>

<総括>
 お疲れ様です。まずは、ホーム最終戦に、17000人を越えるサポーターに集まっていただいて、本当に、心から感謝を申し上げます。
 本来であれば前節のセレッソ大阪戦でしっかり勝点3を取って、今節のホーム最終戦でまた勝点3を取って、というシチュエーションにしたかったところ、前節の悔しさを持って、この一週間に対徳島という準備をしてきました。
 戦術どうこうというよりはまず、選手のメンタルをしっかり整えること。あとは初めて私自身の口から「J1残留」という言葉を発することで、目標というか、我々が達成すべきことをより明確にした上で、選手に一体感を持ってもらいたいというようなかたちで準備をしてきました。
 ゲームの入り方も非常に良かったですし、2-0にするところまでは本当にしっかりオーガナイズされた、締まったゲームだったと思います。ただ、忘れてはいけないのは、やはり今年本当に多いリスタートからの失点という部分、2-0から3-0、4-0にできるところを逃してしまったという部分、といったところは、きっちり反省と修正をして、次節の広島戦に向けてまた準備をしていきたいと思います。
 セレモニーでも申し上げたとおり、20周年という記念すべき年に、このような不甲斐ない成績で終わってしまい、本当に悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。何が足りなかったのか、我々はこれから何をしなければいけないのか、というところを、しっかり分析して、次の20年に向けた第一歩というところで、我々が指し示すべきサッカーとその方向性というものをしっかり表現できるように、これから準備していきたいと思いますし、地域の先頭、復興の先頭に立つクラブのあり方をしっかり考えながら、次の20年に向けて準備していければと思います。

■今日はセンターバックで今日は角田選手が先発した理由と、いつ決断したかを教えてください。
 カク(角田)に関しては、ずっとベンチでのスタンバイが長く続いていました。ただし、その間でも気持ちを切らすことなくキャプテンとしての素晴らしい振る舞いのなか、常に試合に出る準備をしてきてくれました。C大阪戦までに三週間が空いたところで、カクを使おうかという迷いもあったのですが、そこは(上本)大海が、対古巣というところでの彼の意気込みにもかけたかったですし、そういう意気込みもあって前節は今まで通りのメンバー、というところでした。
 今節を迎えるにあたって、一週間の中で、まず徳島は割り切って高さのある1トップに球を入れてくるというところが、戦術的にも見られるので、高さ対策、強さ対策というところでカクをセンターバックに置いて、まずは相手のいちばんのストロングである1トップの高さに対して、我々はしっかりフタをするという作業をカクにしてもらいたいという理由がいちばんで、今回の起用に至りました。
 その決断は徳島戦をどう戦うかということを考えた時点で、割と早い段階で頭の中に構想があって、実際にカクが良い準備をしてきたこともありましたし、何の迷いもなく起用しました。大海もこれまでずっと頑張って体を張ってきた中で、当然、毎試合毎試合、誰をスタメンにする、誰を18人にするという選択では本当に悩みますけれども、本当に今日は結果的にふたりともいいパフォーマンスをして、勝利に貢献してくれたと思います。

■今シーズンに悩み苦しんだ太田選手が、大事な試合でゴールを決めたという点について、監督はどのように見ていますか。
 悩み苦しんだのはヨシ(太田)に限らず、どの選手もおそらくこの結果には満足していなくて、みんなが悩み苦しんでいたシーズンだったと思います。ヨシに関しては、前節のC大阪戦で割と早い段階で交代させてしまいましたし、その不甲斐なさというのは本人も感じていた部分だったと思います。
 今回のゲームに向かうにあたっても、徳島がしっかりブロックを引いたというかたちになれば、ヨシのスピードや走力を生かすスペースがどうしてもなくなってしまうというようなところも懸念はされました。けれども、今回のゲームにあたり、ヨシの走力を生かす術として、どのようなかたちで背後を取ったらいいか、それはヨシに限らず出し手の方もそれをしっかり見よう、というような話をミーティングの中でしてきました。
 それを本当に割り切ってシンプルに、その狙いを突くことで、相手のウィングバックの背後といういちばんの狙いは表現できたと思いますし、ボックスの中に入ってあのようなゴールシーンを演出できたのも、ヨシの走力が生きた部分だと思います。

2014Jリーグディビジョン1
01_2014_J1 3月1日 (土) 14:00
vs アルビレックス新潟
02_2014_J1 3月8日 (土) 19:00
vs 鹿島アントラーズ
03_2014_J1 3月15日 (土) 17:00
vs ガンバ大阪
04_2014_J1 3月23日 (日) 15:00
vs 大宮アルディージャ
05_2014_J1 3月29日 (土) 14:00
vs ヴァンフォーレ甲府
06_2014_J1 4月6日 (日) 19:00
vs 浦和レッズ
07_2014_J1 4月12日 (土) 14:00
vs 横浜F・マリノス
08_2014_J1 4月19日 (土) 14:00
vs サガン鳥栖
09_2014_J1 4月26日 (土) 14:00
vs 清水エスパルス
10_2014_J1 4月29日 (火祝) 16:00
vs 川崎フロンターレ
11_2014_J1 5月3日 (土祝) 14:00
vs 徳島ヴォルティス
12_2014_J1 5月6日 (火休) 13:00
vs ヴィッセル神戸
13_2014_J1 5月10日 (土) 16:00
vs セレッソ大阪
14_2014_J1 5月18日 (日) 13:00
vs サンフレッチェ広島
15_2014_J1 7月19日 (土) 19:00
vs 柏レイソル
16_2014_J1 7月23日 (水) 19:00
vs 名古屋グランパス
17_2014_J1 7月27日 (日) 18:30
vs FC東京
18_2014_J1 8月2日 (土) 19:00
vs 大宮アルディージャ
19_2014_J1 8月9日 (土) 18:30
vs ヴァンフォーレ甲府
20_2014_J1 8月16日 (土) 19:00
vs 清水エスパルス
21_2014_J1 8月23日 (土) 19:00
vs ヴィッセル神戸
22_2014_J1 8月30日 (土) 19:00
vs 横浜F・マリノス
23_2014_J1 9月13日 (土) 19:00
vs アルビレックス新潟
24_2014_J1 9月20日 (土) 19:00
vs サガン鳥栖
25_2014_J1 9月23日 (火祝) 14:00
vs 鹿島アントラーズ
26_2014_J1 9月27日 (土) 19:00
vs 川崎フロンターレ
27_2014_J1 10月5日 (日) 15:30
vs FC東京
28_2014_J1 10月18日 (土) 14:00
vs 浦和レッズ
29_2014_J1 10月22日 (水) 19:00
vs 名古屋グランパス
30_2014_J1 10月26日 (日) 13:00
vs 柏レイソル
31_2014_J1 11月2日 (日) 13:00
vs ガンバ大阪
32_2014_J1 11月22日 (土) 17:00
vs セレッソ大阪
33_2014_J1 11月29日 (土) 17:00
vs 徳島ヴォルティス
34_2014_J1 12月6日 (土) 15:30
vs サンフレッチェ広島

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.