ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

試合日程/結果

2018 明治安田J1 第6節 浦和レッズ

<渡邉晋監督記者会見>

 お疲れさまでした。まずは、埼スタに駆けつけてくれた仙台サポーターのみなさん、本当にありがとうございました。ビジターの席が売り切れになるくらい、という話も聞いていましたし、(明治安田J1第2節の)味スタでのFC東京戦以上のサポーターが来てくれたという話も聞きました。願わくば彼らに勝点3を届けて、帰りの仙台までの道中も長いでしょうから、勝利の余韻に浸って帰ってもらいたかったのですけれども、それができなくて本当に申し訳なく思っています。
 試合の方を振り返ると、立ち上がりの失点、本当に我々の不注意で、やはりああいうものをやっている以上は、拾えるものも拾えない、勝てるゲームも勝てない、そんな不注意の失点だったと思います。ただし、その先の85分間は、ある程度は我々がやりたいことをしっかり表現して、相手陣に押しこめましたし、多くのチャンスも作れましたし、シュートも打てたと思います。 
 前半は、少し苦労した部分もあったのですけれども、ハーフタイムで、まずちょっとリスクを冒してでもしっかり持ち出す場所、あるいはあまり降りすぎない場所を明確にして、まず我々が相手陣に入っていくと。そして相手陣に入っていけば、いい距離に立てますから、そこからコンビネーションなりクロスなり、というところでしかけようというような話をしました。実際に、それができた後半の45分だったのかなと思います。
 「ちょうど1年前の今日に、ここで0-7の大敗をして、そこからちょうど365日が経って、今日に俺達が何ができるかを示してやろうぜ」という話をして選手を送り出したのですけれども、去年に続いて勝てなかったという事実は、やはり悔しいですし、まだまだだと思います。
 ただし、特に後半の45分間に我々が示せたものを、またこれからも怖れることなくチャレンジしていければ、もっと勝点も積み上げられるでしょうし、もっと魅力的なサッカーを出せると私は信じています。何も、悲観するようなゲームではなかったと思っています。
 連戦も長いので、とにかく頭と体をフレッシュにして、次の名古屋に向かっていきたいと思います。

■相手に未知の部分も多かった中で、相手の先発のシステムを予想して、こちらが3-5-2で戦うにあたり、どういうところに注意して試合に入りましたか。

 まず、浦和さんが非公開でトレーニングをしていたので、情報が全くなかったというところです。これまでのゲームを見た結果、4バックでくるのではないかと思っていたのですが、蓋を開けたら3バックでした。おそらく、リーグ戦の前節の長崎戦で、我々がミラーゲームで苦労したということも、参考にしたでしょうし、もともと3バックにやり慣れている浦和さんのメンバーが、そうしてぶつかってきたのではないかと思います。
 ただし、ミラーゲームになっても、我々がどうやったら前進できるか、背後を取れるかというものは、ゲームの前に、ほんの数分ですけれども、整理はしました。それはもちろん、我々も長崎戦の反省を生かして、こうやってやろう、というものがありましたから、毎回毎回ミラーゲームに苦労し、結果は勝てなかったのですが、今日は内容だけを見れば、長崎戦より遙かに進歩したいいものは見せたのかなと思います。
 具体的に、ここをこう、と言うと、またいろいろ対策を練られてしまうので言えませんけれども、しっかり狙いは整理できて、共有できたのかなと思います。

■前半は失点シーン場面以外にも浦和に攻められた時間帯が多かったのですが、立ち上がりの不注意だったというところは、何が向こうに流れがいった原因だったのでしょうか。

 戦術的にどうこう、ということはもう一度映像を見て振り返りたいと思います。不注意というのは、ゲームの入り、5分のところですよね。今までにそんな早い時間にやられたこともなかったですし、立ち上がりに、今の浦和さんの状況を考えると、ホームですし相当なパワーで来るだろうと。それを我々がまともに受けてしまえば、当然圧力を感じて前進できない、相手にボールが渡る、シュートを打たれる、そういうものが当然出てくると思います。
 実際にそういうものが出たからこそ、あの失点につながったと思いますので、それがなぜかと聞かれても、不注意です。では不注意をなくしましょう、というところだと思います。戦術的にどうこうというのは、映像を見て振り返ろうと思います。

■前半30分以降がベガルタ仙台のペースになって、おっしゃるように悲観することはない内容でしたし、いつ点を取れてもおかしくない内容でしたが、今日に関して、最後に決めきれなかったのは、どう考えていらっしゃいますか。

 そこはたぶん、クオリティーになると思うのです。結局は。では、そのクオリティーを高める作業をどうやるのかというと、トレーニングしかありません。それは、我々も日々トレーニングしていますし、選手も真摯にやってくれていますし、では明日、今日に入らなかったクロスの練習をやろうよと言って、クロスの練習をもし仮に30分やったからと言って、次の名古屋の試合で点を取れるかというと、そんなこともないと思います。
 これはもう、やり続けるしかないです。すぐに上達するとも思わないし、これは本当にクオリティーの部分であれば、もっともっとクオリティーを上げること、それに尽きると思います。
 ただし、クロスを上げた人間が、よりいい状態でクロスを上げられるようにするためには、周りの選手がどのようにサポートをした方がいいのか、あるいはその仕掛けたときのボールの持ち方とかは、相手にとっていやなのか、そういうものはもっと突き詰められるかなと思いますので、グループとして、あるいは個人として、そのような私からのアドバイスなりトレーニングなりをしていきたいと思います。
 ただし、本当の際のところは、質です。これはもうやり続けるしかないし、これから彼らがどんどん向上してくれることを私は信じています。

2018明治安田生命J1
01 2月25日 (日) 13:00
vs 柏レイソル
02 3月3日 (土) 15:00
vs FC東京
03 3月10日 (土) 14:00
vs ヴィッセル神戸
04 3月18日 (日) 14:00
vs 清水エスパルス
05 3月31日 (土) 14:00
vs V・ファーレン長崎
06 4月7日 (土) 16:00
vs 浦和レッズ
07 4月11日 (水) 19:00
vs 名古屋グランパス
08 4月14日 (土) 19:00
vs 川崎フロンターレ
09 4月21日 (土) 14:00
vs ジュビロ磐田
10 4月25日 (水) 19:00
vs セレッソ大阪
11 4月28日 (土) 14:00
vs 北海道コンサドーレ札幌
12 5月2日 (水) 19:00
vs ガンバ大阪
13 5月6日 (日) 16:00
vs 湘南ベルマーレ
14 5月12日 (土) 16:00
vs サンフレッチェ広島
15 5月20日 (日) 14:00
vs 鹿島アントラーズ
16 7月18日 (水) 19:00
vs 横浜F・マリノス
17 7月22日 (日) 19:00
vs サガン鳥栖
18 7月28日 (土) 19:00
vs セレッソ大阪
19 8月1日 (水) 19:00
vs 名古屋グランパス
20 8月5日 (日) 19:00
vs ジュビロ磐田
21 8月11日 (土祝) 19:00
vs 柏レイソル
22 8月15日 (水) 19:00
vs 湘南ベルマーレ
23 8月19日 (日) 19:00
vs ガンバ大阪
24 8月25日 (土) 19:00
vs 川崎フロンターレ
25 9月1日 (土)
vs 清水エスパルス
26 9月15日 (土)
vs FC東京
27 9月22日 (土)
vs V・ファーレン長崎
28 9月29日 (土)
vs 横浜F・マリノス
29 10月6日 (土)
vs 浦和レッズ
30 10月20日 (土)
vs サガン鳥栖
31 11月3日 (土祝)
vs 北海道コンサドーレ札幌
32 11月10日 (土)
vs サンフレッチェ広島
33 11月24日 (土)
vs 鹿島アントラーズ
34 12月1日 (土)
vs ヴィッセル神戸

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.