ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

試合日程/結果

2018JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ Aグループ 第1節 アルビレックス新潟

<渡邉晋監督記者会見>

 お疲れさまです。平日の非常に寒い夜にもかかわらず、6000人以上のサポーターがユアスタに集まってくれました。本当に感謝申し上げます。ありがとうございます。
隙が出ましたね。これまでの2試合も粘り強く前半を進めて、後半に我々がスコアを動かしてしっかりと逃げ切るというところは表現できていたリーグ戦の試合だったのですが、今日は追いつかれるべくして追いつかれたと思います。最後の失点シーンのところに問題があったわけではなくて、その前にやはり我々が相当な数の隙を見せたと。
 それは今、ロッカーでも言ってきました。「あんなことをやっていては、勝てるわけがない」と。これは本当に、今回はいい薬をもらったと思っています。これを、この失敗を糧にして、次はもうこういうことはしないということが、おそらく我々の進歩とか成長につながると思いますし、このままズルズルいってしまえばそれまでですし、おそらく今日の痛い薬を次に生かせれば、また「あのアディショナルタイムの失点があったから、俺達ここまで来られたね」というようになれると思うので、それができるように、これからしていきたいと思います。

■隙が出た理由は、どのように考えられますか。

 油断があるからではないですか、心に。もう、勝ったと思ったのではないでしょうか。スコアを動かして、あの後に我々も攻勢に出ましたし、これで大丈夫だろうという思いがあったのではないでしょうか。それが実際に、行動やプレーに表れたということだと思います。

■リーグ戦に出ていない選手とか、新加入で入ってきた選手と、去年までやっていて去年も試合にからんでいた選手と、まだ戦術理解に差があるのかなと感じたのですがいかがですか。

 個人の問題にしてしまうと、それは長くやってきている選手の方がしっかりやれるのは間違いないので、そこは別に、新しく入ってきたからまだまだ進んでいない、とはしたくありません。私の中では。一ヶ月以上一緒にキャンプでやってきましたし。
 ただし、それを補い合うのがチームですから、じゃあ何かまだまだ足りないものがあればサポートしてあげればいいだけの話なので、実際におっしゃったように、前半の30分過ぎくらいまでは、非常に難しい展開だったと思います。ただ、やはりやることを整理して臨めばボールもしっかり動きますし、相手ゴールにも迫れますし、そういうものを見せられたとは思うので、それは個人個人の問題ではなくて、チームの問題だと思います。

■リーグ戦に出ていなかった選手や、初スタメンの選手もたくさんいた中で、個々の良かった点、光明になったと感じた部分があれば教えてください。

 それぞれの良さ、個人個人の評価はあまりこういう場ではしたくないのですが、新しく入ってきた選手が何をやれたかというと、どれくらいストロング(長所)を出せたかというところだと思うのです。では、それぞれがストロングをどれくらい出せたのかというと、まだまだ物足りないのではないですか。もっと出せたと思います。そういう意味で考えれば、彼らはあんなものじゃない、もっとやれる、そういう思いしかないですね。
 それを、チーム戦術の中で、個の良さをもっと発揮できるようにしてあげるのが、さっきも言ったようにチーム全体の問題ですし、各々が個人のストロングを出そうというようなプレーをすることは、個人の問題ですし、それを考えれば、もっともっとやれる選手たちだと思います。

■西村選手が久し振りにゴールを決めました。その評価をお願いします。

 難しいゴールだったと思います。得点シーンに限って言えば、非常に、キーパーと一対一になる前の抜け出しのところでも、難しい局面をしっかり、よく打開してくれたと思います。ただし、それ以外の部分で、ではシュートがどれくらい枠に飛んだか、相手のゴールキーパーを脅かせたかというところになると、これもまだもっともっとやれると思います。やはり満足することなく、そこは欲張ってほしいと思います。

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.