ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

試合日程/結果

2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ Aグループ 第3節 清水エスパルス

<渡邉晋監督記者会見>

 お疲れさまでした。平日のナイトゲームに、5,000人以上のサポーターに集まっていただきました。心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。
 この間の明治安田J1リーグ戦(第8節)の広島戦で、最後に追いつかれて、勝点2を失ったというようなゲームの後でした。少しダメージもあるような状況ではあったのですけれども、広島戦を振り返れば、そこで1点を失ってドローに終わったことよりも、0-2から一時は3-2までひっくり返したことをポジティブにとらえようというようなところで、選手たちは本当にエネルギーを振り絞って、このJリーグYBCルヴァンカップの清水戦に準備をしてくれました。
 そのようなエネルギーやパワーといったものは、立ち上がりから存分に見せられたと思います。確かに、1点を先に失いました。それは自陣でのミスからです。ただし、あれを恐れて、じゃあ次からボールを受けません、前にボールを蹴りこみます、ということをやるのは、我々のサッカーではないです。それでも勇気を持ってボールを受けると。相手を食いつかせてその背中を取っていくと。
 それが今、我々のチャレンジしていることですから、それをやり続けた結果、相手に一枚退場者が出たというのも当然だと思いますし、後半に、当然に我々は一人多い状況ですから、チャンスも作りやすくはなりますけれども、守備を固める10人を崩すというのはそうたやすいことではないと思います。そこをしっかりと攻撃して、崩しきって、ゴールを奪った、そういった選手たちの成長が見られたゲームだったと思います。
 4月に苦しみましたけれども、このゲームを皮切りに5月の攻勢につなげていきたいですし、まずは4月の締めの、アウェイの(J1第9節の)清水戦というものにまた全員でフォーカスして、進んでいきたいと思います。

■公式戦初先発の椎橋選手をはじめ、ディフェンスラインからすごく縦パスがしっかり出ていたと思います。そういったビルドアップがしっかりできていたのが今日の勝因だと思いますが、いかがでしょうか。

 前半に、非常に効果的にくさびが入っていたと思います。ずっとそういうことをトレーニングしてきていて、ようやく少しずつですけれども、そういうものが増えてきて、攻撃のかたちというものが見えてき始めたのかなという気はしています。
 今日、たまたま「ポッ」とその数が増えたのではなくて、広島戦もそうでしたし、負けた(J1第7節の)鹿島戦もそういうかたちを示すことはできていました。ただし、やはりそこは、勇気を持ってボールを入れるだとか、あるいは引き出すだとかいうことをやり続けたからだと思いますし、今日の最終ラインの三枚も、まずはそういったところをしっかりとまずは見ながら、やれたことが大きいのかなと思います。
 優先順位を整理したといったところも、当然ありますけれども、まずは前につける、あるいはそこで引き出すといったところが、今日のゲームで現れたのが、いい成功体験としてこれからにつながってくれれば、と思っています。

■椎橋選手が落ち着いていて、しかもゴールまで決めたことについてはいかがですか。

 もともとボランチの選手ですから、ビルドアップの部分では、大きな大きな期待をしていました。実際に紅白戦でも、ああいうくさび(のパス)は何本も通していて、そこはしっかりと見られる、あるいはそのタイミングがいいのは、彼のストロング(ポイント)だと思います。そういったものを、今日は存分に発揮してくれました。
 前半の1シーン、2シーンくらいでしょうか、守備のところで入れ替わられそうなところがあったのですけれども、そこは初めてJの外国籍選手と対戦して、肌感覚でつかめたものがあると思いますので、次につながると思います。
 非常に、素晴らしい活躍をしてくれました。またそこで競争が高まるのでチームの底上げにつながると思いますし、彼の成長にもつながると思います。

このページを印刷する

Copyright©2017 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.