ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

オンラインニュース

1月14日(土)、2017シーズン新加入選手会見・新ユニフォーム発表会見を行いました。

掲載日:2017年1月14日

170114-1-01

1月14日(土)、仙台国際センターにて2017シーズンの新加入選手会見・新ユニフォーム発表会見を行いました。新加入選手会見には、今シーズンより加入する5選手(DF2 永戸勝也、FW9 平山相太、FW11 石原直樹、MF23 中野嘉大、DF50 増嶋竜也)、株式会社ベガルタ仙台代表取締役社長 西川善久、監督 渡邉晋が出席いたしました。

また今シーズンは、2017ベガルタ仙台 SOCIO・FANCLUB 年間チケットをご購入いただいた皆様から抽選にご当選された方をご招待、ご来場いただきました。ありがとうございました。

■ 新加入選手記者会見

170114-1-02

株式会社ベガルタ仙台代表取締役社長 西川善久 挨拶(抜粋)

どんと祭の前にこの会を初めて開きますから、あらためて、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨年11月3日以来という大変長いブランクとなりましたが、ようやくチーム始動という時期になりました。思い起こすと、昨年は前年よりもふたつ順位は上がりましたものの、肝心のホームでなかなか勝てない。あるいは連勝はしたものの、けが人が多いときには12人と続出したこともありまして、連敗もまた同じくらいと、いろいろな課題がありました。
今季は必ずや克服して、上位に飛躍する、その思いを込めて、チームのスローガンを”Be STRONG” というように決めました。そして、今日ご紹介する5人の新加入選手、新しい仲間は、まさにそのスローガンにふさわしい選手たちであります。ぜひ、今日、いろいろな角度からじっくりと見ていただいて、そして大いに期待を込めていただきたいと思います。
それからもうひとつ、今年は、ユアテックスタジアムが誕生してちょうど20周年になります。そういうことで、私どもとしては、ホームのユアテックスタジアム、ここで皆さんにもっともっと、今まで以上に楽しく、エキサイティングな試合を見ていただけるように、いろいろ今は努力をしております。2月に入りましたら、いろいろなかたちで、具体的にお披露目できると思いますので、ぜひご期待いただきたく思います。
それからもうひとつ、チームの方からのOKも取って申し上げるわけですけれども、今日は5人の新加入選手をご紹介いたしますが、もう一人、仙台に新しい仲間が加わります。ブラジル人のストライカーで、年齢は20代の前半。このくらいで、あとはこの後のお楽しみにさせていただきたいと思います。
そして加入選手の発表会と同時に、新しいユニフォームの発表会でもあります。この場であえて発表しているのは、皆様もご存知と思いますが、ユニフォームの販売というものは、チームにとっての、あるいはクラブにとっての、大変な財政の柱になっております。経営の柱です。ぜひ、今日ご覧になった以上は、全員に買っていただきたい。実はそのために、新たなサプライズというかサービスですが、今回から、このイベントがすべて終わった後に、外の会場ですぐにユニフォームの申し込みができるという設営をさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。
ベガルタ仙台、今季もクラブ一丸となって頑張ります。皆さんも最後まで、熱い応援を、よろしくお願いいたします。今日はどうもありがとうございました。

ベガルタ仙台監督 渡邉晋 挨拶(抜粋)

こんにちは。
日本列島を大寒波が襲っています。泉サッカー場も一面の雪景色、銀世界で、非常に寒い寒い一日でしたけれども、そんな中でこれだけ多くの方々にお集まりいただきまして、本当にありがとうございます。2017シーズンも、たくさんの期待と、皆様の大きな大きな願望がひしひしと伝わってくる一日だと感じています。
 2016シーズンは ”BUILD UP” というスローガンを掲げてスタートしました。新しいベガルタ仙台のスタイルを築き上げていくんだという決意でスタートして、選手と一緒に成長してきたつもりでいます。もちろんプロですので結果がすべてですから、目標のトップ5には届きませんでしたし、満足のいく結果を残したとは思っていません。
しかしながら、少しずつではありますが、ベガルタ仙台というものが、いいチームになってきているという手応えは、感じています。それを今シーズンは、いいチームから強いチームへと、グッドからストロングに変わっていくんだという思いを込めて、”Be STRONG” というようなスローガンを掲げることにしました。文字通り、「強くなれ」という命令形です。皆さんの願いでもあるように、「強くなれ」という思いが込められています。本当に、皆様の言葉だと思っていただいて構いません。ぜひ、そのような思いを、一年間我々にエネルギーとして注いでいただければと思っています。もうひとつ、実は意味を込めていまして、二日前の全体のスタートミーティングでも選手に伝えたのですが、「強くあれ」という意味合いも込めています。
一年間の長いシーズンの中でも、いい時もあれば悪い時も必ず来ます。昨年のように大きな波というものは減らしたいのですけれども、優勝するチームでも必ず、よっつやいつつ、あるいはむっつ、それくらい負ける日が必ず来る。プレミアリーグでも、12連勝していたチェルシーが、先日のゲームで負けました。90分の中でも、我々が主導権を握れる時間がある一方、どうしても相手に主導権を渡す難しい時間が必ず訪れます。そういうときにこそ、困難な状況であればこそ、まずは自分達が強くいるんだという、強いメンタリティを持つことが大事だろうと、いうような意味合いを込めています。
強くいられるからこそ、強くなれる。強くなるためには、強くいなければいけないという思いを込めて、この ”Be STRONG” という言葉を掲げました。文字通り、そのストロングになるべく、今日ここにいる5名の選手、もう一人サプライズがあるようですけれども、6名の新しく入ってきた選手と一緒に、ストロングになるべく、今シーズン戦っていきたいと思っています。
シーズンが始まってしまえば、本当にあっという間の一年間になると思いますけれども、ぜひ皆様には、今シーズンのベガルタ仙台というものに対して、大きな大きな期待をしていただいて、一年間をともに戦っていただければと思います。仙台を離れれば、またすぐ戻ってこられなくなってしまいますので、長い長いキャンプの後、ホームの開幕戦まで、ぜひ皆さん待ち遠しくなると思いますけれども、ぜひそこには、強くなる仙台というものを、皆様にもイメージしていただいて、ホームの開幕というものを、ワクワク感、期待感を持ちながら、舞っていただければと思っています。
今シーズン、強くなる、強い仙台というものを、皆様と一緒に築き上げていければと思っていますので、ぜひ一年間、熱い熱いご声援をよろしくお願いいたします。今シーズンもどうぞ、よろしくお願いいたします。

170114-1-03

■ 選手 挨拶(抜粋)

DF50 増嶋竜也

こんにちは。柏レイソルから来た増嶋竜也です。6年ぶりの入団会見でちょっと緊張していますが、仙台のために自分が持っているものを全て出して、スローガンのように強いチームを作りたいと思っています。ユアスタで一生懸命頑張るので、一緒に戦いましょう。よろしくお願いします。

DF2 永戸勝也

こんにちは。法政大学から入りました永戸勝也です。僕自身この仙台の地に相当な覚悟を持って来ました。またこの仙台には素晴らしいチームメイト、監督・コーチ、様々な角度から支えて下さるスタッフの方々がいて、そして素晴らしいサポーターの皆さんがいると思いますので、一生懸命頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします。

MF23 中野嘉大

こんにちは。川崎フロンターレから来ました中野嘉大です。今回ベガルタ仙台でプレーする機会をいただいて、本当に嬉しいです。まだまだ未熟な自分ですが、仙台のために全力で頑張るのでよろしくお願いします。

FW11 石原直樹

はじめまして、こんにちは。仙台のサポーターの皆さんと一緒に戦えることを今からとても楽しみにしています。チームの勝利のために一日でも早く馴染んで、しっかり自分をアピールできるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

FW9 平山相太

どうも平山相太です。FC東京から初めて完全移籍することになりました。ベガルタ仙台が勝つために何ができるのか、日々勝つために努力して、チームが勝つためにプレーしたいと思っています。皆さんの応援が選手一人一人の後押しになるので、ぜひ応援よろしくお願いします。

また、2017シーズン新加入選手会見・新ユニフォーム発表会見の合間には、2017シーズンよりベガルタ仙台に復帰が発表されているGK1 シュミット ダニエル選手が登場しました。

170114-1-04

■ 新ユニフォーム発表会見

170114-1-05

引き続き行いました新ユニフォーム発表会見では、フィールドプレーヤー(1st)のユニフォームの他、フィールドプレーヤー(2nd)とゴールキーパー(1st/2nd)も発表いたしました。

170114-1-06


このページを印刷する

Copyright©2017 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.