ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

オンラインニュース

4月22日(土)、マイナビベガルタ仙台レディースジュニアユース InBody計測・スポーツ栄養セミナーが開催されました。

掲載日:2017年4月23日

170423-1-01

4月22日(土)、マイナビベガルタ仙台レディースに「まごころ弁当」をご提供いただいている仙台白百合女子大学 健康栄養学科氏家ゼミのみなさまによる、マイナビベガルタ仙台レディースジュニアユースの選手と保護者のみなさまを対象にした、InBody計測・スポーツ栄養セミナーが同大学にて開催されました。

このセミナーは、スポーツを続けるベースは健康な身体。身体づくりにもっとも重要なのは食事。ということをテーマに、強くなるための食事、栄養の取り方の基本を学び、継続的に実践していくことを目標にしています。

今回はどんなものをどのくらい食べることが必要なのかを知るために、InBody計測を行い自分の身体の組成を知る。次に基礎代謝から適切な炭水化物をごはんで摂る場合、どのくらいの量になるのかを自分たちで計算する。実際にその量で昼食。という内容で、普段のごはんの量と計算で求められる量が変わらない選手、少ない・多い選手など様々な結果が出ていました。

昼食後は、簡単なゲームをしながら食品と栄養の関係を学び、栄養と食事についての講和、補食のアドバイスなどを受けました。

仙台白百合女子大学 健康栄養学科 氏家幸子先生コメント
全員分を見てはいませんが、InBodyの計測、基礎代謝をみるとさすがだな、体のバランスや筋肉の付き方は良い選手が多いなと感じました。でも食べ方、好き嫌いや、量が少ないといったことはあるので、こういったセミナーの必要性はあるのかなと思いました。本人が気を付けていかなければならないところですが、その前に何に気を付けなければいけないかを知っていなければなりませんから、その基礎を学んで続けていってほしいと思います。

170423-1-02


このページを印刷する

Copyright©2017 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.