ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

オンラインニュース

【2017 復興支援 in 石巻】ビジャレアルレディースU-15レセプションを実施しました。

掲載日:2017年7月7日

170707-1-01

7月6日(木)、ビジャレアルレディースU-15レセプションを実施いたしました。 初めての国、環境に少し緊張気味の選手たちは、硬い表情で会場入りしたものの、歓迎ムードの雰囲気に徐々にリラックスしたのか、笑顔を振りまいていました。

和太鼓、獅子舞を披露したのは、渡波獅子風流塾(わたのはししふりじゅく)のみなさん。日本の文化、石巻の伝統芸能に触れ合ったビジャレアルの選手たちは、目新しい光景に釘付けでした。サッカーだけでなく、良き日本を細部まで感じてほしいものです。

株式会社ベガルタ仙台代表取締役社長 西川善久 挨拶

今大会は、日本の梅雨の時期の開催となり雨が心配されたものの、みなさんの日ごろの行いが良いので大会期間中、天候も崩れることがないようです。そして何よりも、みなさんをお迎えして最大級の歓迎の意を表します。
女子の国際大会が開催されるのは(日本では)珍しいことです。石巻市をはじめ、地元企業、石巻サッカー協会の方々の努力があり実現できましたことに感謝いたします。サッカーを中心としながらも、石巻、そして日本の文化に触れて楽しんでください。互いにがんばりましょう。

ビジャレアル レディース部 強化育成マネージャー 佐伯夕利子 氏

ビジャレアルの本拠地は、人口5万人の小さな町ですが、総人口に対してのサッカー人口が世界で最も多く、ギネスブックに載るほどです。
レディースチームにおいて、地元の子どもたちが生涯サッカーを楽しんでもらえるため、男子チーム(トップチーム)同様の環境を提供しています。また、選手たちを他の地域からスカウトしていません。
ビジャレアルは世界的にも育成クラブとして有名で、レディースも同様の方針で強化を進めています。
来日前に日本文化を勉強してきました。良い思い出をつくれるよう経験をし、万全の状態で大会に挑みたいと思っています。

170707-1-02


このページを印刷する

Copyright©2017 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.