ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

オンラインニュース

【2017 復興支援 in 石巻】ビジャレアルレディースU-15フェアウェルパーティーを実施しました。

掲載日:2017年7月9日

170709-2-01

7月9日(日)、2017マイナビインターナショナルカップ終了後、ビジャレアルレディースU-15フェアウェルパーティーを実施いたしました。試合の時の表情とは一転して、リラックスした表情の選手達。お互いの名前がわかるよう名札をつけ、それぞれ自己紹介をしたり、箸の持ち方を教えたり、すぐに言葉の壁を飛び越し親交を深めていました。そして、各チームの選手達が考えた歓迎企画やプレゼント交換等もあり、大変な盛り上がりでした。

株式会社ベガルタ仙台 復興支援室室長 齋藤 美和子 挨拶

昨日今日と2日間本当におつかれさまでした。いい試合を見せていただき、本当に皆さんのパワーはすごいなと思っております。ベガルタ仙台では、大会という形で国際試合をするのが初めてでした。特に中学生年代の選手達の交流というこのような大会は初めて行いましたが、歴史に残る1ページとなりました。マイナビベガルタ仙台レディースは2位となりましたが、次は(ビジャレアルレディースU-15に)リベンジしたいと思っております。
これからの時間は試合の事は忘れて、楽しく交流していきたいと思います。今日(の会)はもうひとつ意味があります。応援してくださった、ご家族の皆さま、熱い中、一生懸命応援していただきました。そのお礼の意味も込めて行いますので、短い時間ではございますが、楽しんでいってください。

ビジャレアル レディース部 強化育成マネージャー 佐伯 夕利子 氏 乾杯のご挨拶

大会2日間おつかれさまでした。我々の選手達は中学1年生、2年生、3年生の混合チームで今回の大会は参加させていただきました。選手は正直この大会でベガルタと対戦することを一番楽しみにしていたので、その希望が叶って大変喜んでいましたし、また前日からロッカールームがそばであったということもあり、仲良くしてくれていたので(選手たちの)本当に楽しそうな姿を見ることができました。今日は弾けてハチャメチャに楽しんでくれればいいと思います。

マイナビベガルタ仙台レディース MF 8 嘉数 飛鳥選手 中締めの挨拶

今日は皆さんの試合を見て、刺激を受けました。これもいいキッカケだと思うので、将来ベガルタにビジャレアルの選手が来て、一緒にプレーできたらいいなと思います。

170709-2-02


このページを印刷する

Copyright©2017 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.