ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

オンラインニュース

1月26日(金)、仙台‐台南 サッカー交流懇親会が開催されました。

掲載日:2018年1月27日

IMG_0023

1月26日(金)、マイナビベガルタ仙台レディースの台湾キャンプに関連して、台南市の関係者やクラブのスポンサーのみなさまなどをお招きした交流会が開催されました。

IMG_9987   IMG_9992
     
IMG_0002   IMG_9998
台南市副市長 張政源さま   台南市体育総会 理事長 劉福財さま

株式会社ベガルタ仙台 代表取締社長の西川善久より関係者のみなさまへ感謝の気持ちをお伝えすると、越後和男監督は事前に準備した中国語でみなさまにご挨拶。
台南市副市長の張様や台南市体育総会の劉様からもご挨拶をいただきました。

IMG_0009   IMG_0015
     
IMG_0019   IMG_0017

乾杯のご発声は、株式会社マイナビ 執行役員社長室長 圡井祥康様。この日のトレーニングを見学していた少年・少女に触れ「あの子どもたちが見たことを自慢できるようにぜひ優勝してください」とチームへ激励をいただきました。選手たちは、食事に舌鼓を打ちながら日本と台湾両方の関係者と交流を深めました。

IMG_0039   IMG_0051

また、仙台市より「仙台いちご」をいただき、チームを代表していちごが大好きな齊藤選手が受け取り、台湾体育総会の劉様よりチームに「さくらんぼ」を贈呈いただきました。

 

株式会社ベガルタ仙台 代表取締役社長 西川善久挨拶(抜粋)

台湾関係者のみなさま、今日は本当にありがとうございます。それから、わざわざ日本から、日ごろマイナビベガルタ仙台レディースをいろいろな形で支えていただいているステークホルダーのみなさまにもお越しいただいております。さて今回のキャンプですが、昨年の9月に劉理事長からお話があってスタートしました。9月の段階ではとても練習でできる様な環境ではありませんでした。私が申し上げたところ、劉理事長がみなさんが来るまでに私が整備すると仰いました。それからわずか3ヶ月でここまで整備されていることに大変驚きました。劉理事長に改めて感謝し、この熱意に応えるべく我々はしっかりと成果を上げたいと思います。最後に、今回のキャンプが台南市と仙台市の更なる交流を深めることを祈念して、私のご挨拶とさせていただきます。

マイナビベガルタ仙台レディース監督 越後和男 挨拶(抜粋)

改めまして台南サッカー関係者のみなさま、我々のために素晴らしい環境を作っていただき本当にありがとうございました。私も1ヶ月前に視察したときはグラウンド状態に不安がありましたが、今日行ってみてその素晴らしさに驚きました。日本のスポンサーのみなさま、今シーズンこそ我々は期待応えられるようにがんばってまいりますので、今後とも変わらぬご支援、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

台南市副市長 張政源さま ご挨拶(抜粋)

みなさんこんばんは。まずは台南市政府、台南市の代表としてみなさんを歓迎いたします。今回のキャンプ実施に伴い、劉理事長には大変ご協力いただきました。グランド整備など本当に感謝いたします。台南市と仙台市は七夕祭りの文化を共有することによって姉妹都市となっています。2006年からもう10年来の関係です。七夕と関係のあるマイナビベガルタ仙台レディースのみなさんが台南でキャンプできることは本当に有意義なことです。
今回マイナビベガルタ仙台レディースのみなさんはとても忙しいスケジュールだとは思いますが、スポンサーのみなさんも含めお時間ありましたら、台南でいい思い出を作ってください。しっかり準備を整え、2月4日の試合でいい結果を残せるようお祈りしております。そして何より、今年だけではなく来年以降も台南でキャンプができるようお祈りしております。これから是非、お互いに交流の機会を作っていきましょう。どうぞよろしくお願いします。

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.