ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

オンラインニュース

2月26日(月)、2018マイナビベガルタ仙台レディース結団式、激励会を行いました。

掲載日:2018年2月26日

2月26日(月)、仙台勝山館にて2018マイナビベガルタ仙台レディース結団式、激励会を行いました。

■ 2018マイナビベガルタ仙台レディース結団式

IMG_1300

結団式には、スポンサーの方々をお迎えし、株式会社ベガルタ仙台代表取締役社長 西川善久、越後和男監督、選手、スタッフ、チーム関係者が出席しました。

西川善久によるご挨拶、今シーズンの新加入選手の紹介後、タイトルパートナーの株式会社マイナビさまの中川信行社長より激励のお言葉をいただきました。チームからは越後和男監督、今シーズンのキャプテン、MF 11 安本紗和子選手が新シーズンへの意気込みを述べ、参加者一同で今シーズンの健闘を誓いました。

IMG_1332

株式会社ベガルタ仙台代表取締役社長 西川善久 挨拶(抜粋)

マイナビベガルタ仙台レディース、いよいよ結団式を迎えました。チームは8人の選手が加入し、総勢では23名と少ないですが、少数精鋭ということで大いに期待していただきたいです。越後監督が指揮する2年目ということで、まとまりや結果が少しづつ見えてきております。
ベガルタ仙台は来年、創設25周年を迎えます。この節目の年にあたりまして、クラブを挙げて様々な動きを行います。あらためて市民クラブの原点に立ち返り、いろいろな形の絆を作り、深めていきます。マイナビベガルタ仙台レディースは誕生した経過そのものが、震災の中から生まれたものとして、絆を作るチームであります。特に選手には先頭に立ち、絆作りのために活動して欲しいと考えています。
我々クラブとしての絆づくり、その最大のエネルギーはチームの勝利であります。ぜひ今年こそ目標を達成し、タイトルを仙台に持ってきたいと思っておりますので今年も最後まで、熱い応援をよろしくお願いします。

マイナビベガルタ仙台レディース監督 越後和男 挨拶(抜粋)
今シーズン、新たに8名の選手を迎え、計23名でスタートしました。約1か月が経過し、みなさまのご協力により、12日間の台湾キャンプ、千葉での交流戦を実施することができました。台湾では、今シーズン最後まで走り続ける体力と新しい選手とのコミュニケーションの二つをテーマにしました。練習では選手は相当きつかったと思います。また、けがをしている選手もリハビリをがんばってくれています。千葉では台湾で走り込んだ成果を発揮し、良い状態できております。開幕までは1か月ほどあり、もう1段、2段、選手とチームを引き上げて開幕ダッシュできるように調整していきたいと思います。
今シーズンこそは、みなさまの期待に応えられるように、精一杯戦ってまいります。引き続き、ご支援、ご声援よろしくお願いいたします。

MF 11 安本紗和子選手 挨拶(抜粋)
昨シーズンも多大なご支援、ご声援ありがとうございました。思うような結果が出せずとても悔しいシーズンでした。今シーズンは新たに加わった選手たちと共に、チームも若返りました。新しい力、フレッシュなパワーを融合し、チームスローガンであるOne HEARTを胸に、また被災地の希望の星になれるよう、選手、スタッフ、チーム一丸となって今年こそタイトルを奪いにいきます。
今シーズンも引き続き、ご支援、ご声援よろしくお願いいたします。

■ 2018マイナビベガルタ仙台レディース激励会

IMG_9428

結団式に引き続きまして、激励会を行いました。
郡和子仙台市長やダイシンカンパニーの吉野毅社長など、会場ではご出席いただいたみなさまからたくさんの激励の言葉をいただき、乾杯後には参加者のみなさま、選手、監督が和やかに歓談・会食を行いました。

IMG_1394

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.