ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

オンラインニュース

4月10日(火)、関口訓充選手加入記者会見を行いました。

掲載日:2018年4月10日

18-04-10-ol-01-01

4月10日(火)、関口訓充選手加入記者会見を行いました。

関口訓充選手加入記者会見

あいさつ

本日は集まっていただきありがとうございます。
6シーズンぶりにベガルタ仙台に戻ってくることになりました、関口です。
よろしくお願いします。

質疑応答

■6年ぶりにベガルタ仙台のユニフォームに袖を通しての、率直な気持ちをお願いします。

 どうでしょうか(笑)。似合っているかどうかはわかりませんが、このユニフォームが徐々に似合う選手になっていけるようにがんばっていきたいと思います。

■ベガルタ仙台に復帰するにあたっての気持ちは、どのようなものでしょうか。

 本当に、急遽決まったことなので、もうひとつオファーをもらっていたところがあって、そこに行く予定でもあったのですが、その日の夜に仙台の方からオファーをいただいて、考え直して、自分で仙台に戻る決断をしました。この決断が正しかったとみんなに認めてもらえるように、がんばっていきたいと思います。

■ベガルタ仙台を選ぶに到った大きな要因は、何だったのでしょうか。

 自分の加入した1年目のクラブということで、自分がまだまだ動けるうちにこのクラブに貢献したいという思いがあったので、このタイミングで戻ってくることになりました。

■オファーの連絡が来たときの思いは、どのようなものでしたか。

 代理人から連絡をもらったのですが、正直なところ、びっくりはしました。心配はしてくれているという話は聞いていたのですが、オファーを出してくれるかはわからない状況で、その中でオファーをいただいたので、監督とも話して「もう一度、力を貸してほしい」ということで、嬉しかったですね。

■今日、選手たちに挨拶はされましたか。

 みんなに挨拶はしたのですが、まだ名前と顔が一致していないというのが正直なところなので、これからしっかり名前とプレーを覚えていき、みんなの特徴を理解していきたいと思います。

■チームは大きく変わっていたのではないでしょうか。

 だいぶ選手も変わったと思いますし、そういうことは梁さんからも聞いていたので、来て驚きはしなかったのですが、自分がいたときの選手は6人くらいしかいないので、少し寂しい部分もあります。

18-04-10-ol-01-02

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.