ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

オンラインニュース

仙台白百合女子大学との「栄養マネジメント支援に関する協定」締結のお知らせ

掲載日:2017年6月9日

IMG_1235

この度、株式会社ベガルタ仙台と仙台白百合女子大学は、栄養マネジメントにおけるチーム支援を円滑にし、大学の教育・研究活動に生かすことを目的とし、本協定を締結することになりました。それに伴い、本日6月9日(金)に仙台白百合女子大学にて協定調印式が行われました。

 

IMG_1247

左から、ベガルタ仙台 齊藤、西川、仙台白百合女子大学 矢口学長、氏家講師、槇石学部長

【列席者】
 <仙台白百合女子大学>
  矢口洋生 学長、槇石多希子 人間学部学部長、氏家幸子 人間学部健康栄養学科講師、浅野浩子 事務局長

 <株式会社ベガルタ仙台>
  代表取締役社長 西川善久、事業部長兼復興支援室室長兼レディース特任部長 齋藤 美和子

 協定に基づく連携内容

1)スポーツ栄養についてのセミナーの開催
2)スポーツ栄養についての個別相談
3)選手の食生活と栄養についての実態把握
4)スポーツ栄養についての啓発資料の作成
5)スポーツ栄養についての研究協力
6)スポーツ栄養について学生への実践活動の機会の提供
7)その他スポーツ栄養に関する事項等

 

今回の協定に基づき、レディーストップチームへの年6回を予定している学生による立案・調理の「白百合まごころ弁当」提供、 希望者への栄養面での個別相談、レディースジュニアユースについては、栄養講習会や3ヶ月おきに体組成を計測し保護者とともに面談を行うなどの活動が予定されています。

 

IMG_1224 

 

仙台白百合女子大学 矢口学長のご挨拶
 「大学での学びは多くの場合、学内に限定されてしまいますが、社会とのつながり、特に地元のグループとなるベガルタ仙台とつながりを持てることは、学生たちにより生きた学びを与えることになります。今後、選手のみなさんが海外の舞台で活躍する際に、またクラブがビッグクラブになるように、当大学との活動が少しでも力になればうれしく思います。」

ベガルタ仙台社長 西川 挨拶
 「仙台白百合女子大学との関わりはレディースチームの発足以来、レディース後援会を介してのまごころ弁当に始まり、最近ではレディースジュニアユースの栄養指導にいたり、今回の提携を結ぶ運びとなりました。当クラブとしてはこれまで、仙台大学や東北学院大学と協定を結んでいますが栄養面に特化したものは今回が初めてです。今協定により、トップ・ジュニアユースともにより良い成績が残せると考えております。」

 

IMG_1217

人間学部健康栄養学科 氏家幸子講師

 「私がレディース後援会の会員であったこともありチームに対してできる支援を考え、ゼミ学生たちのお弁当による栄養面でのバックアップを始めました。学生には、立案から調理までできる大きな勉強の場であるとともに、同じ女性としてひたむきにサッカーに取り組む姿を見て少しでも何かを感じ取ってもらいたいです。(協定の締結は)スポーツ選手との信頼関係を築けたことになり、大変光栄なことです。」 


このページを印刷する

Copyright©2017 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.