ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

ニュースリリース

【3月7日 ルヴァン 新潟戦】コンコースの通行について

掲載日:2018年3月6日

ベガルタ仙台では、ユアテックスタジアム仙台でホームゲームを開催する際、コンコースの通り抜けについて原則不可としておりますが、3月7日(水) 2018Jリーグ YBCルヴァンカップ グループステージ Aグループ 第1節アルビレックス新潟戦において、その運用を一部変更させていただきます。
なお、今回の運用はアルビレックス新潟のご理解とご協力のもと実施いたします。

アルビレックス新潟戦の運用

一般入場開始後、待機していたサポーターの入場が落ち着きましたらコンコースのメイン側の規制フェンス「図①」を開放します。
ベガルタ仙台サポーターもビジターエリアの飲食売店「利久」を利用することができます。
ただし、ベガルタ仙台のユニフォームや応援グッズ等を身に着けての入場はできません。

アルビレックス新潟サポーターはメイン側を通り抜けて、再入場口「図②」から、北エントランスまで通行することができます。ただし、再入場口よりも東側へはアルビレックス新潟のユニフォームや応援グッズ等を身につけての通行はできません。
また、「図③」から北側へもアルビレックス新潟のユニフォームや応援グッズ等を身につけての通行はできません。
北東ゲートおよび東北ゲートからアルビレックス新潟のユニフォームや応援グッズ等を身につけての入場はカテゴリーフリー後もできません。

コンコース内それぞれの箇所にて、警備員によるチェックをさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
なお、試合終了の5分前より退場導線の分離のため、「図①」は封鎖させていただきます。 ご了承ください。
※運営上、支障をきたすと判断した場合、通常時のように封鎖させていただくことがございます。

180306-2-01

このページを印刷する

Copyright©2018 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.