ベガルタ仙台オフィシャルサイト

  • 小
  • 中
  • 大

アカデミーニュース

【ユース】2017Jユースカップ第25回Jリーグユース選手権大会1回戦結果

掲載日:2017年10月16日

17-10-16-ac-02-01

 10月15日に行われた「2017Jユースカップ第25回Jリーグユース選手権大会」の結果は以下の通りです。

<2017Jユースカップ第25回Jリーグユース選手権大会結果>

(45分ハーフ、10分ハーフ延長戦・PK戦あり)
10月15日(日)11:00~ 1回戦 ベガルタ仙台ユース3-1三菱養和SCユース(泉PT)
得点者:61分宮脇健太、84分工藤真人、86分清水一雅、89分失点

メンバー
GK 16小田垣皓己
DF 13安藤竜星、6阿部空矢、4山下諒時、5久保拓海
MF 27工藤蒼生(→39分17工藤真人)、10荒井秀賀、11藤村涼平(→73分29清水一雅)、19宮脇健太(→75分2安藤虎星)
FW 7梅津怜央(→90分8本間佑允)、23粟野健翔(→83分9菅原龍之助)
サブGK1伊藤慧、DF3瀧田萌人

原崎政人監督コメント
 選手もノックアウト方式ということで負けたら終わりだと分かってゲームに入り、見ていても硬いゲームだな、と思いましたが、それだけ大事なゲームだと選手も理解して準備してきたのかなと思います。守備に関してもやっていこうと言ったことを選手たちがよくやってくれたので、あまりやられる気はしませんでした。
 トレーニングでもみんな集中してやってくれていました。Jユースまで期間が空きましたが、良い準備がずっとできていて、良いゲームができると自信を持って大会に入れたのでそれが出せて良かったです。
 まだミスもありますが、なかなかうまくいかなかったことが、ゲームで出せるようになっています。選手も粘り強くトライしてくれたので、ここへ来てそれを出せるのは成長していると思います。
 (以前コーチを務めていた大宮アルディージャユースは)特別な思いが無いと言ったら絶対嘘になる相手です。今、プレミアリーグで戦う全国の強豪相手に今のうちがどこまで戦えるか楽しみで仕方ありません。臆することなく、今、自分たちが出せることを100%出し切れるよう1週間準備していきたいです。

藤村涼平選手(三菱養和SC調布ジュニアユース出身)コメント
 古巣ということもあり、絶対負けたくなかったですし、最初から負ける気もしませんでした。前半自分が点を決めていればもっと楽な展開になったと思います。負けたくない気持ちがあったので、人一倍走ってやろうと思ってプレーしました。
 また1週間しっかり練習に取り組んで、次の大宮戦も勝って、一つずつ上に行けたら良いと思います。

荒井秀賀選手コメント
 相手は東京から来ている中、全員が相手より良い準備をして、それが勝利や得点に絡むプレーにつながったと思います。
 1点目につながったフリーキックは、直接ゴールを狙ったのですが、良い感じでブレてGKがこぼしてくれたので、それをミヤ(宮脇)が押し込んでくれました。3点目につながったクロスは、(菅原)龍之助がニアに入る形はチームで徹底していて、相手のDF2枚が食いついてくれて、(清水)一雅がフリーだったので、パスをするだけでした。
 最後の大会ということで今までやってきた全てをぶつけようという思いと技術が結びついた結果だと思います。
 大宮アルディージャユースは夏のクラブユース選手権に出ておらず、この大会で自分たちの力を見せつけて来ると思います。アウェイの地でも自分たちのサッカーをして、また一つ二つと勝って、良い終わり方をしたいです。

17-10-16-ac-02-02

<2017Jユースカップ第25回Jリーグユース選手権大会今後の日程>

(45分ハーフ、10分ハーフ延長戦・PK戦あり)
10月22日(日)13:00~ 2回戦 vs大宮アルディージャユース(NTT東日本志木総合グラウンド)
10月28日(土)13:30~ 3回戦 vs栃木SCユース-川崎フロンターレU-18の勝者(時之栖スポーツセンター)
11月 5日(日)14:00~ 準々決勝(NACK5スタジアム大宮)
11月12日(日)14:00~ 準決勝(キンチョウスタジアム)
11月19日(日)時刻未定 決勝(長野Uスタジアム)


このページを印刷する

Copyright©2017 Vegalta Sendai Corporation. All rights reserved.