2018 レディース, 2018シーズン, 2018 レディース 練習風景

2018.11.29<レディース>トレーニング

季節を忘れるかのようなここ数日の暖かさから一転、本日は冬が目前にやってきていることを実感するかのような寒さの下でトレーニングを行いました。

試合へ向けて実戦形式のトレーニングが増えるにつれ、プレーの積極性や激しさも増加。チーム内で切磋琢磨しながら、少しづつではありますが、確実に成長を重ねていきます。

<落ち葉かき>

秋の終わりが近づいていることを感じさせるグランドの落ち葉。風物詩ではありますが、選手たちにとってはボールの変化や転倒の危険が出てくるなど、トレーニングに影響する少し厄介なものでもあります。年初に行われる雪かきのように少しづつグラウンドの脇にかき出しながら、トレーニング前にしっかりと環境整備を行いました。

<地元での一戦>

今週末のセレッソ大阪堺レディース戦に向けて、本日は樫本選手が取材を受けました。出場すれば地元の広島で中学校以来となる試合になります。写真からも分かるように、今から楽しみでしょうがない様子。勝利が第一優先ではあるものの、高校や海外での成長を披露できる機会に強く意気込んでいました。

<ナイスヘッド>

皇后杯の初戦でもコーナーキックから2発決めるなど、ヘディングが武器の坂井選手。高身長とジャンプ力による高い打点だけではなく、背筋の強さからくるボールの威力も持ち味です。ボールを蹴る安本選手は、あまりにもヘディングが鋭いことに思わず笑ってしまいました。
ちなみに、こちらの写真はプライベートでも一眼レフで写真を撮る齋藤選手が撮影。ここまでの腕があると、トレーニングブログの写真撮影する私の仕事が奪われてしまうかもしれません。