2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.5.15<マイナビ>トレーニング

本日のトレーニングはフィジカル強化の要素を多く含んだサーキットトレーニングを冒頭から開始。

ハーフコートの周りをダッシュとジョギングを繰り返し、心拍数だけではなくスプリントスピードも高めます。

コート内に置かれたコーンやマーカーを細かいステップやジャンプ、ショートダッシュなど様々な形で各エリアをクリアしていきます。90分タフに戦い抜く身体を作り上げると同時に、全体のバランスも高めていきました。

写真は動きながらの3対2の様子。流動的なパス回しで相手DFの逆を突く動きや味方へのサポート意識を高めました。
また、サーキットトレーニングを行った後ということもあり、疲れがある中でどこまで攻守におけるハードワークを出来るかが問われました。

3色に分かれてポゼッション練習を本日も実施。小さいグリッドで密集状態にある中、パスの出す位置や次の展開の予測・判断スピードを上げました。

細かい時間設定で数本行われたミニゲームでは辛島監督より「ゴールに向かう意識」を選手たちに伝えるとともに、攻守の切り替えや前線からの守備を選手たちは表現。

前線から来る相手に対して、自陣後方でのビルドアップの質も精度を上げていかなければなりません。

ボール際の激しさ、強さが今後の試合における勝利につながる1つのポイント。ただひたむきに勝利だけを目指して、練習から意識高く取り組みます。