2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.6.11<マイナビ>トレーニング

先日の角田市陸上競技場で行われたリーグカップ予選B 第5節 浦和レッズレディース戦、チームへのご声援誠にありがとうございました。

1-2と悔しい結果を味わった今、チームとしてやらなければならないことは日々のトレーニングから全力で取り組み、
試合の結果・内容を真摯に受け止め勝利に対し今まで以上に貪欲になることです。選手それぞれが課題に立ち向かい勝利を目指していきます。

5vs2と数的優位のパス回しでは5名の選手のうち1名が真ん中に入りパス回しを円滑に進めるため、おとりになる動きはもちろんワンタッチパスでパスワークにリズムを生み出します。

パスを出す際にボールを受ける選手に対しメッセージ性のあるパスを出し、次の動きを導きます。

2チームに分けて行ったポゼッション練習。ボールを奪い自陣でパスを回します。一方で、ボールを失えば、切り替えを素早くし敵陣内でボール奪取。

密集したエリアでパスの選択肢を多く持ち、その中で最善のコース・選手にパスを送りました。先ほどの練習同様に「次の動き」を考えた予備動作の重要性やトラップの位置、味方のサポートなどを重要視しました。

ペナルティエリア幅のハーフコートゲームでは敵陣のコーナー付近にミニゴールを設置。攻撃側のチームはサイドの深い位置を狙い、守備側のチームはサイドに揺さぶられても対応できる守備陣形をいかに保ち、守備の連動性を確認しました。