2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.6.20<マイナビ>トレーニング

練習冒頭にグラウンドにてミーティングから開始した本日のトレーニング。OFFを挟み、各選手が気持ちを新たに次の試合に向けた準備を行います。

15分間のフリーランニング。有酸素運動で身体に多くの酸素を取り込み、疲労回復を促します。

ラダートレーニングでステップや身体の重心、スプリントなどを入念に確認。

オフ明けのコンディションを更に高めるべく、約10分間のサーキットトレーニングを開始。細かいドリブルやジャンプ、ショートダッシュと様々なコースがある中で、100%のパワーでそれぞれのエリアをクリアしていきます。

4vs2のポゼッションでは狭いエリアでパスのクオリティーを高め、細かいパス交換を展開。試合で活きてくる、味方へのサポートやディフェンス時の寄せを徹底しました。

続く、5vs5のポゼッションに2名のフリーマンが入ったこのトレーニングでは、「ボールをもらう前にたくさんの選択肢を持った中で受けよう。」と辛島監督から。

素早い攻守の切り替えはもちろん、試合時のスピード感をもって、取り組みました。細かいパス回しだけだと、攻撃のエリアが狭まってしまうので、相手DFを引きつけた中でのロングパスなどで攻撃のリズムを生み出します。

10vs10のミニゲームを練習の最後に実施。ミニゴールを2つ設置した中で、各選手が多くの選択肢を持ち相手陣地を攻略。狭いグリッド内で密集しやすい中、長短のパスでゴールに迫りました。