2019シーズン, 2019 マイナビ, 2019 マイナビ 練習風景

2019.12.3<マイナビ>トレーニング&皇后杯3回戦 伊賀FC戦


静岡県で行われた皇后杯3回戦 伊賀FC戦を勝利で終え、準々決勝に駒を進めることができました!本日のブログでは、トレーニング風景&辛島監督のコメントを掲載いたします。



本日のトレーニングではパスのクオリティー、ポジションを高める練習を徹底しました。トライアングルパスでは、数種類のパス&コントロール。様々なシチュエーションを想定し、動き出しの部分や受け方を確認しました。


6vs2のボール回し。ディフェンスの背後や後ろのスペースにボールを出す意識を高めます。ボールを出した後、受ける際に足を止めることなく受けることが大切です。判断を素早くし、近距離のパス交換で周りの流れを生み出しました。


7vs7のポゼッション練習では、両サイドにGKとグリッド内に2名のフリーな選手を入れ、優位に攻撃を組み立てていきます。


守備側の選手は数的不利の中で、マンツーマンディフェンスとはいかない状況。ボールの取りどころや相手の追い込み方の共通理解を持って守りました。

 


 

【 辛島啓珠監督 伊賀フットボールクラブくノ一戦 監督コメント 】

 

◆試合総括
今回対戦した伊賀FCさんはなでしこリーグ1部を4位で終え、戦術が徹底されているチーム。しっかりそこに対して我々が勝利するために何をしなければならないかを整理して試合に臨みました。立ち上がりから良い形で試合に入ることができ、星(白木選手)の先制点もそうですしその他にも多くのチャンスを生み出すことができました。その中で追加点を取れれば違った展開になったと思いますが、前半を上手く戦えたと思います。「次の1点が勝負だよ。」とハーフタイムに話をし、送り出しましたが同点に追いつかれてしまいました。その後、押し込まれる時間が続いた中でしっかりチームとして耐えることができ、そこが勝因の1つであったと思いますし、途中出場の有町と坂井の2選手がゲームを上手く締めてくれました。交代した選手も活躍してくれましたし、2点目を奪い逃げ切ることができたのは素直に嬉しく思います。ユアスタで準々決勝を戦う権利を得られたことはチームとして喜ばしいことですし、勝利を得られたという結果には満足しています。

◆白木選手をサイドハーフ、安本選手をFWに配置した狙いを教えてください
相手DFラインの背後を狙うため、紗和子(安本選手)の良さである機動力を生かしたかったことが1番です。星(白木選手)についてはポジションを1列下げて、前向きにボールを受けられる回数を増やすためでした。その意図があった中で起用し、結果として1点目はボールを受けた星(白木選手)がドリブルからシュート。貴重な得点を決めてくれたと思います。

◆同点に追いつかれた後のプランをどのように考えていましたか
2点目を取られ逆転負けという試合が今年は多かったので、同点で試合が進んだ場合に延長戦もあり得るということを頭に入れつつまずは失点をしないことを優先しました。相手が同点に追い付いた後も狙いが徹底していましたので、そこを消しつつ、カウンターで2点目を奪うプランを持って試合を進めていました。

◆次回対戦の浦和レッズレディースの印象と試合に対する意気込みを最後にお願いします。
直近のリーグ戦は0●2、カップ戦の最終節は0△0。直近のアウェー戦は、我々はチャンスを決めきれず相手は得たチャンスをものにし2得点、という内容でした。守備のところで隙を与えず決定機をものにできれば勝利は見えてくると思います。何と言っても、ユアスタでサポーターのみなさんの声援を受けながらプレーできるというアドバンテージの部分をしっかりと生かして、どのような形でも勝って準決勝に進みたいと思います。