2020 マイナビ なでしこリーグ, 2020シーズン, 2020 マイナビ

2020.9.6<マイナビ>なでしこ1部 第8節 伊賀FC戦


9月6日(日)かくだスポーツビレッジ内角田市陸上競技場にておこなった2020プレナスなでしこリーグ 第8節 伊賀フットボールクラブくノ一三重戦の試合風景、監督・選手コメントをお届けします。


前半、ゴール前で与えてしまったFKを直接決められてしまい、ビハインドの中最後まで相手ゴールに迫りましたが1点が遠く。0-1の敗戦となってしまいました。


リーグ戦連敗と悔しい結果となってしまいましたが、明るいニュースも今節はありました。奥川千沙選手が大怪我を乗り越え、約1年ぶりとなる公式戦のピッチに復帰、市瀬菜々選手がなでしこリーグ通算100試合出場達成、松本真未子選手は移籍後初スタメンで終始安定したプレーを披露。


このプラス材料を勝利へのエネルギーに変えて、次節からはアウェーでの連戦となりますが、引き続きチームへの後押しをよろしくお願いします。

 

【 伊賀FC戦 監督・選手コメント 】

 


<辛島啓珠監督>

◆試合総括
お疲れ様でした。前半、風下ということもあり相手に圧されるシーンもありましたがチームとしてしっかりと守ることができていました。守備のところで大きく崩される場面が少ない中、FKから1点を与えてしまいました。
後半に入り、風上の中、自分たちが優位に試合を進めることができていたと思います。結果として1点が遠い試合になってしまいました。チームとして点を奪うためには、アタッキングサードでの質を高めていかなければなりませんし、決定力含め、課題を感じました。選手たちは暑い中、しっかりと戦ってくれましたが、試合条件は相手も一緒。チームとして浮上するために勝ち点3を奪いたかったゲームでした。

◆前節から中盤のメンバーが大きく変わりましたが、この試合に向けた狙いや意図があったのでしょうか
1つとして、選手のコンディション不良があったこと、また、相手アンカーの両脇を上手く突ける選手を中盤に配置しました。

◆後半に入り、セカンドボールを上手く拾えていたと思います。選手に対し、どのような修正を加えましたか。
前半、相手が風上を上手く利用しパワーを持って臨んだ分、後半に疲労感が多少見えました。前半に失点した分、我々は当然前から行かなければなりませんでした。その部分が大きかったと思います。
セカンドボールを拾うことに特化した訳ではなく、アタッキングサードでのプレー回数を増やす、そこでのプレーの質についての修正をハーフタイムにしました。

 


<松本真未子選手>

◆試合総括
お互いのスタイルとして最終ラインが高い中で、相手はディフェンスラインの裏を目掛けてロングボールを入れてくることは分かっていました。(攻撃の部分で)チャンスが何度もあり、仕留め切れなかった中で、相手は少ないチャンスをものにした。その点が勝敗に直結してしまったと思います。

◆移籍後初の先発出場でした。どのような気持ちで試合に入りましたか
チームとして勝利から遠ざかり、失点が続いていた中で、今日の試合を無失点で終えることだけを考えていました。FKから失点してしまい、その仕事が果たせず悔しいです。
(試合に臨むにあたり)緊張しました。込める気持ちが強くなる分、自身に対してのプレッシャーもありました。
試合の中で、良い入り方ができた中でのFKの失点が悔しいです。

◆ご自身のプレー、あらためて振り返るといかがですか
できていた部分の方が多かったと思います。「ゼロ」という仕事が果たせなかったので(良い部分を)継続していくだけです。
(できていたプレーについては)ディフェンスラインと連携し、相手のロングボールに対してしっかりと対応ができました。その結果として、大きなピンチも少なく、1つの成果だと思います。味方とのコミュニケーションの部分は私自身のストロングポイントですので、連携をもっと深めていきたいと思います。

 


<奥川千沙選手>

◆約1年ぶりに公式戦のピッチに帰ってきましたが、今日の試合はいかがでしたか
勝つことだけを考えて試合に臨みました。チームとしての状況、(自身の)身体の状態など、色々ありましたが、まずは勝利を目指して戦いました。

◆今日の試合でチームとしてどのような狙いがありましたか
相手はボールに対して厳しく来ることは分かっていました。そこに対し球際で負けないこと、個人としてはサイドでフリーの状況でボールを受ける回数が多かったので積極的に攻撃参加することを狙いました。
前線は浜田選手を中心に、クロスに対して合わせてくれる選手がいるので、前線に預けて勝負を仕掛けるという
狙いを試合前の段階で共有していました。

◆共有していた狙いは、どのくらい表現できましたか
満足のいく内容ではありませんでした。プレーの各場面を振り返ると“負けた”という印象はそれほど無いのですが結果として示すことができず、また、得点にも繋げられませんでした。
ゴールまでのプロセスの中で、選手同士の食い違いなどもありましたので、そこは次節に向けて修正していきたいと思います。

 

※監督・選手インタビューより一部抜粋