GAME <ゲーム>

2020明治安田生命J1

2020明治安田生命J1 第2節 湘南ベルマーレ 2020年07月04日 (土) 19:03 キックオフ Shonan BMW スタジアム平塚

試合終了
HOME 湘南ベルマーレ
0 - 1

0 前半 1

0 後半 0

AWAY ベガルタ仙台

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
3分[得点] 19 ジャーメイン 良
11 タリク 18分[警告]
44分[警告] 20 長沢 駿
28 鈴木 冬一 → 8 大野 和成 55分[交代]
11 タリク → 23 茨田 陽生 55分[交代]
58分[交代] 20 長沢 駿 → 11 赤﨑 秀平
58分[交代] 7 関口 訓充 → 29 アレクサンドレ ゲデス
67分[交代] 19 ジャーメイン 良 → 42 山田 寛人
22 大岩 一貴 → 5 古林 将太 73分[交代]
13 石原 直樹 → 9 指宿 洋史 73分[交代]
8 大野 和成 81分[警告]
18 松田 天馬 → 20 岩崎 悠人 90分[交代]
90分[交代] 14 石原 崇兆 → 3 飯尾 竜太朗
90分[交代] 8 松下 佳貴 → 37 中原 彰吾

MEMBERS

スターティングメンバー
GK1富居 大樹
DF38石原 広教
DF4坂 圭祐
DF22大岩 一貴
MF6岡本 拓也
MF16齊藤 未月
MF15福田 晃斗
MF18松田 天馬
MF28鈴木 冬一
FW11タリク
FW13石原 直樹
控え
GK25谷 晃生
DF8大野 和成
MF2金子 大毅
MF5古林 将太
MF23茨田 陽生
FW9指宿 洋史
FW20岩崎 悠人
スターティングメンバー
GK24小畑 裕馬
DF4蜂須賀 孝治
DF16吉野 恭平
DF13平岡 康裕
DF14石原 崇兆
MF7関口 訓充
MF5椎橋 慧也
MF8松下 佳貴
FW19ジャーメイン 良
FW20長沢 駿
FW15西村 拓真
控え
GK21関 憲太郎
DF3飯尾 竜太朗
DF39金 正也
MF37中原 彰吾
FW11赤﨑 秀平
FW29アレクサンドレ ゲデス
FW42山田 寛人

DATA

後半前半湘南 仙台前半後半
538シュート1165
213CK927
3710FK1367
022オフサイド101
000PK000

○入場者数/0人
○天候/曇、中風 ○気温/25.6℃ ○湿度/81%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/木村博之 ○副審/田尻智計 勝又弘樹

COACH INTERVIEW監督記者会見

お疲れ様でした。久しぶりの試合でしたけれども、スムーズに試合に入れたんじゃないかと思います。プレスのかかりも良かったですし、早い時間に先制ができたので、少しボールをベルマーレさんの方に持たれる時間も前半にはありましたけれども、落ち着いてしのいで、後半にまた人が入れ替わりながらも、ある程度自分たちのペースを崩さずにプレーができたのかなと思います。
攻撃の回数がもう少し増えればなお良かったかなと思いますけれども、久しぶりの試合としては、落ち着いて勝つゲームができたんじゃないかと思います。 

■後半の早い段階でFW3人続けて投入するなど積極的に選手を交代しましたが、最大5人まで交代できるルールのもと、練っていたプランがうまくいったのでしょうか。 

そうですね。ある程度、トレーニングでもシミュレーションをしていましたし、勝っている場合、負けている場合、頭の中は整理してやっていました。 

■攻撃でしっかりボールを握り、ジャーメイン良選手と西村拓真選手の両ウイングに運んでそこからしかけていくかたちが示せたと思いましたが、攻撃の内容をどう見ていますか。 

もちろん、もっともっと追求していかないといけないと思います。ただ、彼らのスペースに出ていくスピードなど、良さをチームの中にしっかり組みこんでいくということを考えてやっているプレーなので、その中で少し前半、特に風も強く、自分たちの追い風だったので、相手を後ろ向きにしていくプレーも立ち上がりからできていました。そういう意味では、特徴は生かせていたのではないかと思います。 

■今日初先発した小畑裕馬選手の評価をお願いします。 

本当に、はじめて試合のピッチ、Jリーグの公式戦のピッチに立ったとは思えないぐらい落ち着いていましたし、立ち上がりに1本、グラウンダーのシュートをしっかり自分の胸に入れたので、本当に落ち着いてゲームに入れましたし、その後に2本ほど枠の中に入ってきたシュートを本当によくセーブしてくれましたし、足下のプレーも落ち着いていたと思うので、十分やれるということを示してくれたと思います。

ハーフタイムコメント

ボールを一度大事につないでみよう。マイボールの時間をさらに増やし、受け身にならないこと。