GAME <ゲーム>

2020明治安田生命J1

2020明治安田生命J1 第5節 北海道コンサドーレ札幌 2020年07月18日 (土) 18:03 キックオフ ユアテックスタジアム仙台

試合終了
HOME ベガルタ仙台
2 - 2

1 前半 0

1 後半 2

AWAY 北海道コンサドーレ札幌

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
19 ジャーメイン 良 23分[得点]
32分[退場] 27 荒野 拓馬
43分[警告] 4 菅 大輝
46*分[交代] 19 白井 康介 → 7 ルーカス フェルナンデス
46*分[交代] 8 深井 一希 → 32 田中 駿汰
7 関口 訓充 51分[警告]
7 関口 訓充 → 30 田中 渉 57分[交代]
20 長沢 駿 → 11 赤﨑 秀平 57分[交代]
5 椎橋 慧也 60分[得点]
29 アレクサンドレ ゲデス → 15 西村 拓真 62分[交代]
62分[得点] 18 チャナティップ
63分[交代] 5 福森 晃斗 → 31 高嶺 朋樹
14 石原 崇兆 65分[警告]
70分[交代] 33 ドゥグラス オリベイラ → 48 ジェイ
77分[交代] 4 菅 大輝 → 30 金子 拓郎
78分[警告] 18 チャナティップ
14 石原 崇兆 → 36 柳 貴博 81分[交代]
19 ジャーメイン 良 → 42 山田 寛人 81分[交代]
88分[警告] 3 進藤 亮佑
90+2分[得点] 32 田中 駿汰
90+6分[警告] 10 宮澤 裕樹

MEMBERS

スターティングメンバー
GK24小畑 裕馬
DF4蜂須賀 孝治
DF16吉野 恭平
DF13平岡 康裕
DF14石原 崇兆
MF18道渕 諒平
MF5椎橋 慧也
MF7関口 訓充
FW19ジャーメイン 良
FW20長沢 駿
FW29アレクサンドレ ゲデス
控え
GK27ヤクブ スウォビィク
DF43アピアタウィア 久
DF36柳 貴博
MF30田中 渉
FW42山田 寛人
FW15西村 拓真
FW11赤﨑 秀平
スターティングメンバー
GK1菅野 孝憲
DF3進藤 亮佑
DF10宮澤 裕樹
DF5福森 晃斗
MF19白井 康介
MF27荒野 拓馬
MF8深井 一希
MF4菅 大輝
MF14駒井 善成
MF18チャナティップ
FW33ドゥグラス オリベイラ
控え
GK29カウィン
DF20キム ミンテ
DF32田中 駿汰
MF7ルーカス フェルナンデス
MF30金子 拓郎
MF31高嶺 朋樹
FW48ジェイ

DATA

後半前半仙台 札幌前半後半
8816シュート1349
347CK523
51015FK15411
000オフサイド110
000PK000

○入場者数/2,597人
○天候/曇、無風 ○気温/21.4℃ ○湿度/90%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/飯田淳平 ○副審/堀越雅弘 淺田武士

COACH INTERVIEW監督記者会見

久しぶりに我々のサポーターの人たちが入った中での試合で、なんとか勝つ試合、あとはアグレッシブに我々らしくやる試合を見てもらいたいという意志を持って試合に入りました。
選手たちは本当に、立ち上がりから攻守でいいプレーをしていたと思います。それに得点もついてきて、リードするかたちで試合を進めていました。ただ、結果として1人多い状況で追いつかれているので、そこは少しゲームの運び方、いろいろなことを含めてまだまだ甘さがあるなと思います。
ただし、自分たちのやるべきプレーということをしっかり追求しながら、こういう試合にもしっかり臨機応変に対応しながら勝てるようにやっていかないといけないなという反省も踏まえて、また次の試合もホームでありますので、そこに進んでいきたいと思います。

■交代の選手でFW3人を投入しましたが、守りの方を固めようという意図はなかったのでしょうか。

守備の選手では、アピア(アピアタウィア久)もいましたし、守備の選手を入れて守りを固めるというよりも、少しサイドの選手の守備の仕方を注文した中で送り出していきました。だから、守備を固めるということよりも、少し守備の修正をしながらゲームを進めていきたいと。
ただし、フレッシュなFWの選手が入って、カウンターのチャンスが鬼のようにあったので、やはりそういうのをしとめていかないとこういうことが起こりうるかと思っています。

■ボールを持つ時間を増やして、攻撃のテンポを落として時間を稼ぐことは狙わなかったのでしょうか。

もちろん、(田中)渉を入れたのには、ひとつそういう意図がありました。ただしそれが思ったように、彼のところでゲームを落ち着かせるところまでは到らなかったなと。あとは、そういうことも含めて、状況判断をしてプレーをしていかなければいけないと思うのですよ。そこの甘さはやはりあったと思いますし、またこういうことを勉強にしてやっていかなければいけないと思います。

ハーフタイムコメント

相手にチャンスを与えるような後ろ向きのプレーはしないこと。丁寧に攻撃して勝ち切ろう。