GAME <ゲーム>

2020明治安田生命J1

2020明治安田生命J1 第7節 柏レイソル 2020年07月26日 (日) 19:03 キックオフ 三協フロンテア柏スタジアム

試合終了
HOME 柏レイソル
5 - 1

2 前半 0

3 後半 1

AWAY ベガルタ仙台

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
33 仲間 隼斗 20分[得点]
39 神谷 優太 → 18 瀬川 祐輔 38分[交代]
14 オルンガ 40分[得点]
46*分[交代] 4 蜂須賀 孝治 → 14 石原 崇兆
46*分[交代] 19 ジャーメイン 良 → 15 西村 拓真
48分[得点] 15 西村 拓真
14 オルンガ 58分[得点]
63分[交代] 37 中原 彰吾 → 7 関口 訓充
67分[交代] 18 道渕 諒平 → 20 長沢 駿
71分[警告] 16 吉野 恭平
14 オルンガ 73分[得点]
79分[交代] 11 赤﨑 秀平 → 13 平岡 康裕
33 仲間 隼斗 → 28 戸嶋 祥郎 84分[交代]
18 瀬川 祐輔 86分[得点]
4 古賀 太陽 → 24 川口 尚紀 89分[交代]

MEMBERS

スターティングメンバー
GK23中村 航輔
DF4古賀 太陽
DF3高橋 祐治
DF25大南 拓磨
DF20三丸 拡
MF7大谷 秀和
MF27三原 雅俊
MF33仲間 隼斗
FW39神谷 優太
FW14オルンガ
FW10江坂 任
控え
GK17キム スンギュ
DF50山下 達也
DF24川口 尚紀
MF28戸嶋 祥郎
MF5小林 祐介
FW18瀬川 祐輔
FW19呉屋 大翔
スターティングメンバー
GK24小畑 裕馬
DF4蜂須賀 孝治
DF16吉野 恭平
DF39金 正也
DF36柳 貴博
MF5椎橋 慧也
MF18道渕 諒平
MF37中原 彰吾
FW19ジャーメイン 良
FW11赤﨑 秀平
FW29アレクサンドレ ゲデス
控え
GK21関 憲太郎
DF13平岡 康裕
DF14石原 崇兆
MF7関口 訓充
FW15西村 拓真
FW42山田 寛人
FW20長沢 駿

DATA

後半前半 仙台前半後半
8614シュート1046
134CK413
6511FK1266
123オフサイド000
101PK000

○入場者数/2,500人
○天候/曇一時雨、弱風 ○気温/26℃ ○湿度/82%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/木村博之 ○副審/堀越雅弘 竹田明弘

COACH INTERVIEW監督記者会見

 お疲れ様でした。本当に大きな点差がついた敗戦になってしまいました。立ち上がりは比較的悪くなく、いい入りができたかなと思って試合をやっていましたが、1失点目は少し前がかりになったところをランニングについていけなくて、入れられた失点です。あとは少し自分たちのパスの交換のミスから失点してしまいました。ちょっと難しい展開となりました。
 ただし、少しいろいろなことを整理して後半に送り出したのですけれども、1点を取れたときには持ち直していけるかなという感じだったのですけれども、やはり3点目がどうしても早い取られ方だったと思います。そのあとはもう、点差が離れているので、前掛かりになったところをどんどんスペースを使われていきました。
 しっかりまた頭を整理し直して、足りないところをしっかりトレーニングして、次に臨みたいと思います。

■前半のいい時間と、点を取られてからの違いはどういうところにありましたか。

 自分がリアルタイムで試合を見ていた中でしか言えないので、もう1回しっかり映像を見て整理をしたいと思いますけれども、自分たちも0-0のときにチャンスはありましたし、その中で逆にレイソルさんの方が最初の本当に大きなチャンスでひとつ沈めました。
 でも、そのあとにしっかり自分たちのリズムでやっている中で、やはりふたつ目の失点は自分たちがパスのミスをして、最終的にそれでも粘って守らないと、人数をかけて前に攻撃していくということはできないので、最終的にちょっとライン際のところでボールが出たかでなかったかというところで最後に粘りきれなくてクロスを許してしまったので、そういうところも含めてもっとタフになっていかなければいけないかなと。
 それを戦術的なことだけでカバーしようとしてしまうとどうしても小さなものしかできないので、もっともっとそういうところをしっかり戦えるようになりたいと思います。そこが、レイソルさんとの大きな違いだったんじゃないかと思います。

■西村拓真選手が仙台に戻ってから初得点をあげましたが、西村選手への評価と、後半に彼へどんな指示を出してピッチに送り出したか教えてください。

 右サイドの方が少し攻撃で自分たちのやりたいことができていなかったので、もう少しウイングの推進力を出したいというのと、右サイドでしっかりボールを相手陣内に持ち込みたいという意図で柳(貴博)を右にして、西村を右に置いて、というかたちにしました。相手が厳しく守備をしてくるギャップをしっかり取りにいって、それから崩したらひとついい展開になったと思います。
 彼もなかなかこれまでシュートチャンスがありながらも打ち切れないことが続いていましたけれども、今日は大敗になってしまいましたがひとつ点を取ってくれたので、次につなげてほしいと思います。彼にとっていいゴールだったと思います。

ハーフタイムコメント

ボールを引き出す動きを増やそう。シンプルにボールを動かして前進し、もっとアグレッシブに。