GAME <ゲーム>

2020明治安田生命J1

2020明治安田生命J1 第18節 横浜F・マリノス 2020年09月23日 (水) 19:33 キックオフ 日産スタジアム

試合終了
HOME 横浜F・マリノス
3 - 1

1 前半 1

2 後半 0

AWAY ベガルタ仙台

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
10分[得点] 29 アレクサンドレ ゲデス
30分[警告] 15 西村 拓真
9 マルコス ジュニオール 41分[得点]
46*分[交代] 19 ジャーメイン 良 → 18 道渕 諒平
56分[交代] 29 アレクサンドレ ゲデス → 20 長沢 駿
17 エリキ 70分[得点]
73分[交代] 15 西村 拓真 → 7 関口 訓充
73分[交代] 37 中原 彰吾 → 5 椎橋 慧也
17 エリキ 75分[得点]
9 マルコス ジュニオール → 30 エジガル ジュニオ 78分[交代]
37 ジュニオール サントス → 45 オナイウ 阿道 78分[交代]
17 エリキ → 38 前田 大然 78分[交代]
82分[交代] 3 飯尾 竜太朗 → 45 真瀬 拓海
18 水沼 宏太 → 7 大津 祐樹 83分[交代]

MEMBERS

スターティングメンバー
GK21梶川 裕嗣
DF13チアゴ マルチンス
DF8喜田 拓也
DF15伊藤 槙人
MF18水沼 宏太
MF6扇原 貴宏
MF26渡辺 皓太
MF16高野 遼
FW17エリキ
FW37ジュニオール サントス
FW9マルコス ジュニオール
控え
GK34中林 洋次
DF27松原 健
MF7大津 祐樹
MF33和田 拓也
FW30エジガル ジュニオ
FW38前田 大然
FW45オナイウ 阿道
スターティングメンバー
GK24小畑 裕馬
DF36柳 貴博
DF39金 正也
DF13平岡 康裕
MF3飯尾 竜太朗
MF37中原 彰吾
MF6兵藤 慎剛
MF2パラ
FW19ジャーメイン 良
FW15西村 拓真
FW29アレクサンドレ ゲデス
控え
GK22川浪 吾郎
DF45真瀬 拓海
MF5椎橋 慧也
MF7関口 訓充
MF18道渕 諒平
MF26浜崎 拓磨
FW20長沢 駿

DATA

後半前半横浜FM 仙台前半後半
13821シュート862
336CK523
459FK1183
314オフサイド101
000PK000

○入場者数/3,702人
○天候/雨、中風 ○気温/20.1℃ ○湿度/85%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/清水勇人 ○副審/西橋勲 権田智久

COACH INTERVIEW監督記者会見

お疲れ様でした。非常にいい入りをして、プレスもかけられていたし、その中でボールを何回か奪って、シュートまで持っていくこともあったので、それは良かったんじゃないかと思います。途中から相手の攻撃に対して、少し後ろで守る時間が長かったのですけれども、前半は何としてもそこを耐えたかったと思います。
後半には勝負のところで、我々は前半の入りのようにもう1回、というところだったのですけれども、ちょっと前半の入りほどパワーを出せなかった、自陣で守る時間がどうしても増えたんじゃないかと思います。2点目は少しつなぎのところからミスが出て、最後にクリアができるかなというところでできなくて失点してしまいました。それは残念です。
また次に試合がすぐ来るので、しっかり回復して、あとはやるべきことをまたみんなで確認して次に臨みたいと思います。

2失点目の直後の選手交代は、その前の時点で押しこまれていた状況から押し返すため準備していたのでしょうか。それとも失点したことで取り返すためのものでしょうか。

少し先に準備をしていたのですけれども、だいぶ中盤のところも守備が効かなくなっているところもありましたし、奪ったボールを前につけたいというところでも少しミスが増えていたので、椎橋(慧也)を入れて、もう1人は西村(拓真)の方も疲労で少し守備が効かなくなって、前に出たときのプレーも少し疲れが見えていたので、点が入る前に入れようとしていました。

■前節・FC東京戦と同じ3-4-3でしたが、FC東京戦とは違う狙いで入り、ラインを高くしていたように見えましたが、システム上の狙いを教えてください。

少しFC東京戦の時には、ちょっと低めのところで最初は構えて、というのが逆に良くなかったのかなと思います。でも自分たちは3-4-3でやろうが4-3-3でやろうがしっかりいい位置からプレスに行くことをやっているので、それを3-4-3でもやっていこうと。システムもある程度マッチアップしていますし、目の前の相手はそんなに自分たちと立っている位置が変わらないポジションなので、いきやすいのも変わらないし、しっかりかけていこうという話はしました。

ハーフタイムコメント

受け身になり過ぎず、メリハリのある守備を。相手のコートでプレーをしよう。