GAME <ゲーム>

2020明治安田生命J1

2020明治安田生命J1 第32節 FC東京 2020年11月18日 (水) 19:03 キックオフ ユアテックスタジアム仙台

試合終了
HOME ベガルタ仙台
2 - 2

0 前半 1

2 後半 1

AWAY FC東京

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
15分[得点] 20 レアンドロ
2 パラ 27分[警告]
28 佐々木 匠 38分[警告]
28 佐々木 匠 → 6 兵藤 慎剛 46*分[交代]
46*分[交代] 22 中村 拓海 → 6 小川 諒也
20 長沢 駿 47分[得点]
50分[警告] 6 小川 諒也
13 平岡 康裕 51分[警告]
2 パラ → 4 蜂須賀 孝治 59分[交代]
62分[警告] 10 東 慶悟
64分[得点] 8 髙萩 洋次郎
26 浜崎 拓磨 → 8 松下 佳貴 70分[交代]
20 長沢 駿 → 11 赤﨑 秀平 70分[交代]
70分[交代] 11 永井 謙佑 → 15 アダイウトン
70分[交代] 10 東 慶悟 → 7 三田 啓貴
5 椎橋 慧也 → 14 石原 崇兆 80分[交代]
80分[交代] 20 レアンドロ → 27 田川 亨介
9 イサック クエンカ 83分[警告]
8 松下 佳貴 84分[得点]
86分[交代] 28 内田 宅哉 → 24 原 大智

MEMBERS

スターティングメンバー
GK27ヤクブ スウォビィク
DF3飯尾 竜太朗
DF39金 正也
DF13平岡 康裕
DF2パラ
MF5椎橋 慧也
MF28佐々木 匠
MF26浜崎 拓磨
FW42山田 寛人
FW9イサック クエンカ
FW20長沢 駿
控え
GK22川浪 吾郎
DF4蜂須賀 孝治
DF23シマオ マテ
MF6兵藤 慎剛
MF8松下 佳貴
MF14石原 崇兆
FW11赤﨑 秀平
スターティングメンバー
GK1児玉 剛
DF22中村 拓海
DF3森重 真人
DF32ジョアン オマリ
DF37中村 帆高
MF10東 慶悟
MF8髙萩 洋次郎
MF31安部 柊斗
FW28内田 宅哉
FW11永井 謙佑
FW20レアンドロ
控え
GK13波多野 豪
DF5丹羽 大輝
DF6小川 諒也
MF7三田 啓貴
FW15アダイウトン
FW24原 大智
FW27田川 亨介

DATA

後半前半仙台 FC東京前半後半
10111シュート954
202CK743
5510FK1358
112オフサイド202
000PK000

○入場者数/3,030人
○天候/曇、無風 ○気温/13.4℃ ○湿度/67%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/村上伸次 ○副審/岡野宇広 権田智久

COACH INTERVIEW監督記者会見

お疲れ様でした。FC東京さんの方が、どれくらい変えてくるのか、どういう感じで入るのかというのが少し分からなかったのですけれども、4-3-3で入ってきて、最初にうまく守備ができないところはあったのかなと思います。でも流れの中で、一言二言でうまく修正できて、なんとかそこは安定したのかなと思います。
ただし1失点目、少しあっさりと入れられたことはもったいなかったというか、やらせてはいけなかったという思いです。後半も継続することは継続して、あとはもう少し攻撃に出ていくところで自分たちの立っている場所を変えながらゴールに迫っていきたいという中でスタートして、追いつけて、それは非常に良かったです。
今日は、2回とも追いかける展開になってしまい、2失点目のところは自分たちが倒れている間にリバウンドを取られてオフサイドにならなくて失点するところをなんとかもう少し強くやれるようにしなければいけないと思います。最後に追いついて、けがから帰ってきた選手たちがたくさんピッチに立ちましたけれども、ボールを動かすことなどで力を見せてくれたので、なんとかそれを次につなげていきたいという思いです。 

■帰ってきた選手の中で、兵藤慎剛選手について評価をお願いします。

間で受けることもそうですし、相手の空いているスペースに飛び出していくことも要求して送り出しました。やはり彼はスペースを見つける目があるし、受けても前を向けるし、得点にからんでいくプレーもできるという選手だと思うので、そういう意味ではうまく流れを変えてくれたんじゃないかと思います。
体力的な部分ではまだまだ上げていかないといけないところはあると思いますが、今は持っている中での力はしっかり出してくれたのではないかと思います。

■松下佳貴選手のゴール場面について、シュートも良かったのですが、そのコースを空けるため右サイドでボールを動かして引いた相手をはがすプレーができたことへの手応えはありましたか。

そうですね。兵藤が入って、佳貴、(赤﨑)秀平も入って、ある程度相手が守りに入ったというのもありますけれども、押しこんだかたちでボールを動かしていたのだけれども、なかなか同サイドからボールが出ないことも最初は多くて、もう少し逆サイドにボールを持っていったり、そこで奥を突く動きをしながら相手を下げたりということもやりたかったのですけれども、あの瞬間は少しそれができたというか、ああいうかたちをスペースがない中ではもう少しうまく使いながら、表も攻略していくのが必要だと思うので、その中で、ああいったところで受けてミドルを打っていくというのはやはり必要なことだと思うので、その目を佳貴は持っていたのかなと思います。

■「なかなか同サイドからボールが出ないことも最初は多くて」というところでは、その少し前に左サイドに偏って詰まった場面がありましたが、それを試合中に修正できたことについてはいかがでしょうか。

彼らもわかっていたと思うのですけれども、スペースがない中でかなり真ん中を固められて、自分たちの突きたいところも消されていて、逆に持っていって、もう少し奥を突いていくプレーをしたいところもあったのだけれども、イサック(クエンカ)も最初は左で、ヒョウ(兵藤)も左の方にいて、すごく向こう側に人が偏ってしまっていたので、佳貴をアンカーにしてからは少し佳貴が右、左にボールを振れるようになったので、そのタイミングで(石原)崇兆を左に出してヒョウが右に入ったことで、左右両方にいくバランス自体は良くなったのかなという気はしながら見ていました。

ハーフタイムコメント

「前半の守備を続けよう。早く立ち位置をとって攻撃しよう。粘り強く戦って、まずは追いついて逆転しよう」