GAME <ゲーム>

2022明治安田生命J2

2022明治安田生命J2 第23節 モンテディオ山形 2022年06月25日 (土) 16:01 キックオフ ユアテックスタジアム仙台

試合終了
HOME ベガルタ仙台
1 - 1

0 前半 1

1 後半 0

AWAY モンテディオ山形

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
33分[得点] 5 野田 裕喜
36分[警告] 2 山﨑 浩介
6 レアンドロ デサバト 45分[警告]
6 レアンドロ デサバト → 35 フォギーニョ 46*分[交代]
18 氣田 亮真 → 26 加藤 千尋 60分[交代]
28 名倉 巧 → 50 遠藤 康 60分[交代]
42 富樫 敬真 64分[警告]
66分[交代] 22 河合 秀人 → 10 山田 康太
42 富樫 敬真 → 19 皆川 佑介 71分[交代]
5 若狭 大志 → 16 吉野 恭平 78分[交代]
81分[交代] 25 國分 伸太郎 → 15 藤田 息吹
9 中山 仁斗 85分[得点]
90+2分[交代] 26 川井 歩 → 14 新垣 貴之
90+2分[交代] 3 半田 陸 → 6 山田 拓巳

MEMBERS

スターティングメンバー
GK23杉本 大地
DF25真瀬 拓海
DF5若狭 大志
DF20キム テヒョン
DF41内田 裕斗
MF6レアンドロ デサバト
MF44中島 元彦
MF28名倉 巧
MF18氣田 亮真
FW42富樫 敬真
FW9中山 仁斗
控え
GK22ストイシッチ
DF4蜂須賀 孝治
DF16吉野 恭平
MF26加藤 千尋
MF35フォギーニョ
MF50遠藤 康
FW19皆川 佑介
スターティングメンバー
GK1後藤 雅明
DF3半田 陸
DF2山﨑 浩介
DF5野田 裕喜
DF19松本 怜大
MF25國分 伸太郎
MF22河合 秀人
MF8小西 雄大
FW26川井 歩
FW20チアゴ アウベス
FW17加藤 大樹
控え
GK23藤嶋 栄介
DF6山田 拓巳
DF31木村 誠二
MF10山田 康太
MF14新垣 貴之
MF15藤田 息吹
FW28荒川 永遠

DATA

後半前半仙台 山形前半後半
8513シュート844
325CK523
10414FK1587
303オフサイド211
000PK000

○入場者数/15,372人
○天候/晴、弱風 ○気温/31.1℃ ○湿度/45%
○ピッチ/全面良芝 ○時間/90分
○主審/上村篤史 ○副審/蒲澤淳一 村田裕介

COACH INTERVIEW監督記者会見

まず、素晴らしい雰囲気をベガルタ、そして山形から来たファン・サポーターの方々がこの試合で作ってくれて、サッカー選手としてこういう雰囲気でサッカーをやれることは本当に幸せなんだな、とあらためて感じさせてもらうことができました。
内容に関しては、やはりまた先に失点をして追いかける展開になったので、我々が点を取るまでに時間がかかりすぎた印象があります。もう少し早く追いつきたいというところで、後半にメンバーを代えながらプランを作ったのですが、その時間がかかりすぎて、最後にどっちも点を取りにいかなければいけなくなったので打ち合いみたいになりましたけれども、そのなかでもカウンターを受けるシーンはある程度想定しているなかで、しっかり最後に体を張ってやってくれたところ、最後まで点を取りにいって追いついたことに関しては、非常に最後まで戦ってくれたという評価をしています。

■前半から、深くまで進入することができてもゴールが遠かったのは、相手の守備が堅かったのでしょうか。仙台の攻撃に問題があったのでしょうか。

ひとつは、取りたいスペースは狙いどおり取れていて、そこに対してもうちょっとはっきり、クロスへの入り方や人数のかけ方が足りないと思ったので、後半にそこを少し修正しましょうというなかで、前半にあれだけ深い位置を取れているのであれば、やはり先にスコアを動かしたかったというのがありましたが、そこの精度が今日は上がってこなくて、そこは後半に全体として取りにいくスペースを変えましょうと、最後にいく枚数もニアのところと入っていくスピードが遅かったのでそういう修正はしたのですが、相手が、というよりは、私が見ていて自分たちの入り方が少し遅かったかなという印象を受けています。

■ここしばらくは複数失点をしていたのですが、今日は相手のサインプレーからの1失点で、守備の効果はどうとらえていますか。

まず、天皇杯(3回戦)から中2日というなかで、天皇杯でもセットプレーから点を取られて、オープンプレーでは(失点)ゼロに押さえましたけれども、セットプレーからまた点を取られたというのは、(守備の)仕組みを作っているのは我々なので、そういうことも含めてもう1回、やられていることはしっかり反省して、修正したいと思います。オープンプレーのなかで、立ち上がりは0-0のときに関しても、ブロックを作った守備や、少しオープンになったときのカウンターケアというところは、本当に必死に戻るところ、最後に相手と戦うところは、強い気持ちでやってくれたと評価します。

■リーグ戦では17試合ぶりの先発となった杉本大地選手は最後の方などいいセーブもありました。評価をお願いします。

彼に関しても、勇敢にクロスもそうですし、背後へのボールもそうですし、そういうものもトレーニングから非常に積極的にトライしてくれているなかで、今日の試合に関しても彼に助けられている場面も多かったので、本当にいつもどおりというか、トレーニングどおりに非常にいいパフォーマンスを出してくれたと思っています。

6月は天皇杯2回戦を最後に勝ちから遠ざかっていますが、相手の研究が進んだのでしょうか、それとも自分たちで苦しくしてしまっているのでしょうか。

あまり対策を取られているというよりは、自分たちで今はスペースを見つけているシーンは非常に多く、チャンスもしっかり自分たちで作っている場面も増えてきていて、そういう距離感やスペースの見つけ方は、非常に自信を持ってやってくれているなと思います。
6月のこれまでの試合を振り返ったときに、みなさんもご承知のとおり失点が多く、得点は取れていないわけではないので、今日くらいしっかり戦うところをベースにして、チーム、個人の守備というのは、常に選手に求めながら、引き続きやることで、間違いなく失点が減らせることができれば勝つ可能性は間違いなく増えていくので、そこは継続してやっていきたいと思っています。

ハーフタイムコメント
ボールを取られたらスピードを上げて戻る、もっと情報を伝えてあげる、後半の頭からしっかり入ろう。

FW 9 中山 仁斗選手

 ダービーで、山形さんもすごくパワーを持って(試合に)入ってくるのはわかっていたのですけれども、先制を許してしまって、チャンスもあったのですけど決めることができず、最後に追いつくことはできましたけれどもやはり勝ちたかったですね。
(ゴールシーンは)ミナ(皆川佑介)が中でしっかり合わせてくれて、そのこぼれ球を押しこんだだけですけれども、僕の得点というより、それまでの流れもよかったですし、チームのゴールということだと思います。
 6月に勝てなくて、サポーターのみなさんがたくさん入ってくれた試合でも勝ちきることができなくて、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。町田戦はしっかり勝点3を取って帰ってきて、いい報告ができるようにがんばります。

DF 25 真瀬 拓海選手

 率直に勝点3が欲しかったゲームで、もったいない試合になってしまいました。
 前節から自分自身思い切ったプレーができるようになってきて、どんどん積極的に攻撃参加してチャンスメイクするということができてきているので、アシストという結果で自分自身チームに貢献しないと出ている意味がないと思っています。そこの精度は高めていかないと、と思います。
 ひとりひとりの細かい精度のところで、もっとみんなで合わせることを練習から緊張感を持ってやっていかないと試合で通用しないので、最後のクロスやシュートの精度を高めていかないと、この先に勝ちを拾えなくなっていくので、そこを高めていかないといけないと思います。