GAME <ゲーム>

2019明治安田生命J1

2019明治安田生命J1 第24節 湘南ベルマーレ 2019年08月24日 (土) 19:03 キックオフ ユアテックスタジアム仙台

試合終了
HOME ベガルタ仙台
1 - 1

0 前半 0

1 後半 1

AWAY 湘南ベルマーレ

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
55分[交代] 15 野田 隆之介 → 2 菊地 俊介
19 ジャーメイン 良 → 20 阿部 拓馬 63分[交代]
63分[交代] 18 松田 天馬 → 7 梅崎 司
18 道渕 諒平 68分[得点]
69分[警告] 2 菊地 俊介
76分[得点] 19 金子 大毅
80分[交代] 6 岡本 拓也 → 50 古林 将太
11 石原 直樹 → 9 ハモン ロペス 82分[交代]
23 シマオ マテ 89分[警告]

MEMBERS

スターティングメンバー
GK24ヤクブ スウォビィク
DF13平岡 康裕
DF23シマオ マテ
DF2永戸 勝也
MF17富田 晋伍
MF8松下 佳貴
MF4蜂須賀 孝治
MF18道渕 諒平
FW19ジャーメイン 良
FW11石原 直樹
FW38長沢 駿
控え
GK22川浪 吾郎
DF39金 正也
MF5椎橋 慧也
MF6兵藤 慎剛
MF10梁 勇基
FW9ハモン ロペス
FW20阿部 拓馬
スターティングメンバー
GK1秋元 陽太
DF13山根 視来
DF4坂 圭祐
DF5杉岡 大暉
MF6岡本 拓也
MF16齊藤 未月
MF19金子 大毅
MF28鈴木 冬一
FW18松田 天馬
FW11山﨑 凌吾
FW15野田 隆之介
控え
GK21富居 大樹
DF3フレイレ
MF2菊地 俊介
MF7梅崎 司
MF10山田 直輝
MF50古林 将太
FW9指宿 洋史

DATA

後半前半仙台 湘南前半後半
9817シュート752
235CK321
7512FK1468
123オフサイド413
000PK000

○入場者数/17,759人
○天候/曇、無風 ○気温/24.2℃ ○湿度/70%
○ピッチ/全面良芝、水含み ○時間/90分
○主審/佐藤隆治 ○副審/山内宏志 三原純

COACH INTERVIEW監督記者会見

 お疲れさまでした。今日のゲームに関しては、クラブもユニフォーム(シャツ)を配るなど、いろいろ動員をかけてくれたゲームでした。仙台市内の小学校はもう夏休みも終わりましたけれども、またすぐの週末ということで大勢のサポーターに集まっていただきました。本当に、ありがとうございます。
 率直に申し上げて「もったいない勝点1だったな」というところが本音です。この間(前節)の川崎F戦も同じように引き分けでしたけれども、ゲームの展開とかいろいろなものを考えても、我々が勝点3を取るべきゲームだったと思っています。
 もちろん、前半にちょっと相手のシュートがポストに当たるなど、肝を冷やされた部分もありますけれども、どちらかというと、何かセットプレー崩れだとか、スクランブルなところでという流れだったと思うので、何かまた意図的にやられたという感じはしていません。そういうものを生み出さないように、ではどうしようかというところでハーフタイムにも意思統一をして送り出して、実際にスコアを動かしたのであれば、やはり逃げ切ってしっかりと3ポイントを取ってゲームを終わらせるべき日だったかな、と思います。
 ただ、何か大きく悲観をするつもりもないですし、そこまで何かを悲観するゲームでもないと思いますので、次のゲームに向けてまたいい準備をしていきたいと思います。

■ジャーメイン選手が今日は左サイドハーフで起用され、クロスを上げるなどしていましたが、監督から見た評価はいかがでしたか。

 まずは、彼は左サイドのああいう場所に置かれるのは、多分居心地が悪いと思います。シャドーでやっていたときも右に置いていましたし、利き足を考えるとそこから入っていく方がスムースかなというのがあったので、番記者さんはご存知だと思いますが、そこまで右のサイドハーフでトライをさせました。
 でも、今は道渕も調子がいいですから、そこの組み合わせというものを考えた時に、まずは今日のゲームを考えればシンプルに背後を取りたいと。来てくれる相手の背中を取るには、やはりジャメ(ジャーメイン)を走らせた方がいいだろう、ということで、左に置きました。
 実際は、ちょっと足回りのところで苦労して、ボールが足につかないところも見られましたけれども、彼のランニングで背中を取って相手のボックスに迫るシーンというのは、前後半を通じていくつもあったと思います。
 課題はやはり、そのあとですよね。あれだけ抜け出したのにクロスが合わないとか、フリーで上げているのにノーチャンスになってしまうというのは、本当に技術的な部分なので、そういったところは、去年もすごく向き合って一生懸命トレーニングをしてくれていたので、また今日のゲームで感じたものをしっかりと反省して、今度こそアシストなりゴールなりというものに結びつけてくれれば、また我々のいいオプションになると感じました。