GAME <ゲーム>

2019明治安田生命J1

2019明治安田生命J1 第28節 松本山雅FC 2019年10月05日 (土) 14:03 キックオフ ユアテックスタジアム仙台

試合終了
HOME ベガルタ仙台
0 - 1

0 前半 1

0 後半 0

AWAY 松本山雅FC

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
2分[得点] 8 セルジーニョ
7 関口 訓充 → 14 石原 崇兆 60分[交代]
18 道渕 諒平 → 6 兵藤 慎剛 67分[交代]
67分[交代] 25 町田 也真人 → 3 田中 隼磨
17 富田 晋伍 → 19 ジャーメイン 良 75分[交代]
80分[交代] 20 杉本 太郎 → 14 パウリーニョ
90+1分[交代] 47 岩上 祐三 → 13 中美 慶哉

MEMBERS

スターティングメンバー
GK24ヤクブ スウォビィク
DF4蜂須賀 孝治
DF39金 正也
DF13平岡 康裕
DF2永戸 勝也
MF17富田 晋伍
MF8松下 佳貴
MF18道渕 諒平
MF7関口 訓充
FW38長沢 駿
FW9ハモン ロペス
控え
GK21関 憲太郎
DF27大岩 一貴
MF6兵藤 慎剛
MF14石原 崇兆
MF37中原 彰吾
FW11石原 直樹
FW19ジャーメイン 良
スターティングメンバー
GK1守田 達弥
DF31橋内 優也
DF4飯田 真輝
DF41水本 裕貴
MF47岩上 祐三
MF25町田 也真人
MF6藤田 息吹
MF20杉本 太郎
MF42高橋 諒
FW8セルジーニョ
FW11永井 龍
控え
GK16村山 智彦
DF3田中 隼磨
DF5今井 智基
MF13中美 慶哉
MF14パウリーニョ
MF35宮阪 政樹
FW50阪野 豊史

DATA

後半前半仙台 松本前半後半
10818シュート963
7613CK743
325FK972
011オフサイド000
000PK000

○入場者数/15,285人
○天候/晴、弱風 ○気温/23.1℃ ○湿度/56%
○ピッチ/全面良芝、乾燥 ○時間/90分
○主審/家本政明 ○副審/岡野宇広 松井健太郎

COACH INTERVIEW監督記者会見

 お疲れ様でした。我々にとっては非常に痛い敗戦です。ホームで久々の負けにもなりましたし、我々の勝利を期待して集まってくれたサポーターに勝利を届けることができず、非常に残念ですし申し訳なく思っています。
 また今日はいろいろイベントごとがありましたけれども、そこに花を添えることができなかったことも非常に残念です。ただし、ここから先、我々が逃げさえしなければ目の前のゲームは常にやってきて、それに向かって立ち向かう姿勢を取り続けなければいけないので、今日の敗戦を肝に銘じて、少し間が空きますけれども、次からのリーグ再開に向けて、ひたむきにやっていきたいと思います。

■30分から40分くらいまでは落ち着いてボールを回して攻撃できていましたが、それまでの間にかなりカウンターを受けるかたちになってしまいました。相手の立ち位置や攻め方は、想定外だったところはありましたか。

 いえ、全く想定内です。ただし、やはりスーパーゴールが相手に決まって、スコアを動かされたことに対する動揺というか、精神的な面でのばたつきというものは間違いなくありました。そこを取り戻すまでに時間がかかってしまった。
では、今おっしゃったような30分過ぎくらいでのボールの動かし方というものを、実際に1週間にトレーニングしてきたので、やっている選手たちは、「やはりこうやってやれば動かせるよね」とか「崩せるよね」というものをどんどん実感していったのかなとは感じています。

■中央をしっかり閉めてくる相手に対して、石原崇兆選手を最初に、兵藤選手やジャーメイン選手といったサイドハーフの選手を入れた理由を教えてください。

 相手が引いてもサイドハーフの選手が、相手のウイングバックの背後に剥がしにいく作業をしなければ、なかなか崩れない。我々のサイドバックには今日は時間があったのですけれども、やはりそこでサイドを変えて相手を揺さぶることで、どうしても相手のウイングバックが出て来ざるを得ない状況を我々は意図的に作り出したかった。それを実際にやれたら、やはりサイドハーフを剥がせるので、ではそれを剥がしていきましょうというところの、たとえばパワーだとか、あるいは兵藤に関して言えば、そこのクオリティーですよね。剥がした先のクロスがどうだったのか、というところを考えると、兵藤のクオリティーというものを期待して、あそこに入れました。
 ただし、相手も選手を代えて、配置を今度は変えてきたので、では今度はボールを持てるところはどこなの、ということを考えると、我々のボランチのところには時間が生まれるので、兵藤をボランチに下げて、同様にそこのクオリティーというものを求めました。 ジャメ(ジャーメイン)に関して言うと、前節もそこで出て、彼にずっと言っているのは「サイドハーフでもシャドーでいいよ」というようなところで、相手の5枚の守備ラインの間に入ってフリックして潜るだとか、あるいは相手のウイングバックの背後を剥がすだとか、逆サイドのクロスに入ってくるとか、そういうものを期待して投入しました。
 効果的だったかどうかでいえば、なかなか崩せなかったので、うまくいかなかったと思いますけれども、意図としてはそのようなところです。