GAME <ゲーム>

2019明治安田生命J1

2019明治安田生命J1 第32節 ガンバ大阪 2019年11月23日 (土) 15:04 キックオフ パナソニック スタジアム 吹田

試合終了
HOME ガンバ大阪
2 - 0

0 前半 0

2 後半 0

AWAY ベガルタ仙台

監督記者会見 

MATCH PROGRESS

試合経過(得点、選手交代、警告、退場)
37分[交代] 8 松下 佳貴 → 5 椎橋 慧也
67分[交代] 38 長沢 駿 → 20 阿部 拓馬
33 宇佐美 貴史 69分[得点]
21 矢島 慎也 → 10 倉田 秋 70分[交代]
74分[交代] 7 関口 訓充 → 19 ジャーメイン 良
9 アデミウソン 77分[得点]
33 宇佐美 貴史 → 18 パトリック 81分[交代]
7 遠藤 保仁 → 14 マルケル スサエタ 89分[交代]

MEMBERS

スターティングメンバー
GK1東口 順昭
DF4藤春 廣輝
DF5三浦 弦太
DF13菅沼 駿哉
DF19金 英權
MF7遠藤 保仁
MF8小野瀬 康介
MF15井手口 陽介
MF21矢島 慎也
FW9アデミウソン
FW33宇佐美 貴史
控え
GK23林 瑞輝
DF27髙尾 瑠
MF10倉田 秋
MF14マルケル スサエタ
MF34福田 湧矢
FW18パトリック
FW39渡邉 千真
スターティングメンバー
GK24ヤクブ スウォビィク
DF4蜂須賀 孝治
DF23シマオ マテ
DF13平岡 康裕
DF2永戸 勝也
MF17富田 晋伍
MF8松下 佳貴
MF18道渕 諒平
MF7関口 訓充
FW9ハモン ロペス
FW38長沢 駿
控え
GK21関 憲太郎
DF27大岩 一貴
MF5椎橋 慧也
MF10梁 勇基
MF15吉尾 海夏
FW19ジャーメイン 良
FW20阿部 拓馬

DATA

後半前半G大阪 仙台前半後半
12416シュート1073
426CK330
369FK1046
134オフサイド000
000PK000

○入場者数/26,256人
○天候/晴、弱風 ○気温/20.4℃ ○湿度/22%
○ピッチ/全面良芝、水含み ○時間/90分
○主審/西村雄一 ○副審/岡野宇広 蒲澤淳一

COACH INTERVIEW監督記者会見

 お疲れ様でした。大阪まで駆けつけてくれたサポーター、本当にありがとうございます。すばらしいスタジアムの雰囲気で、何とかアウェイで勝点3を狙いにいったのですけれども、結果的には悔しい敗戦となってしまいました。残り試合数も少なくなってくる中で、何とか自分たちの力を証明しようと、順位的には目の上のたんこぶのG大阪さんに何とか我々が勝って、ひっくり返して上に上がっていこうというものを示したかったのですけれども、それが叶わず非常に悔しいです。何とか残り2試合、2週間でもう1回いい準備をして、最後にいい締めくくりをしたいと思います。

 ■松下選手の負傷というアクシデントがあって、同じボランチの椎橋選手を投入しました。試合のプラン自体に変化はあったのでしょうか。

 プランそのものは、何も変えていません。ただこれはもう、投入した選手のキャラクターでゲームの様相は変わってしまうということは、私自身も覚悟していました。
 (松下)佳貴が負傷したボランチのチョイスとして、椎橋と梁とふたつの選択肢があった中で、残りの時間、あるいは守備におけるパワーというものは、私自身の中では優先して、椎橋をあそこのタイミングで投入することを決断しました。
 もちろん、あそこに梁が入れば我々は攻撃で違う色を出せるかもしれません。でも、あの時点での私の決断は、まずはしっかりと守備で閉めるところは閉めて、ということをやりたかったので、そういう決断でした。
 全体のゲームプランの変更は、一切ありません。

■特に後半はなかなかボールを持てなくなって、トップと中盤の距離が開いてしまってボールが裏に出てもフォローが追いつかなくなりました。前線の選手との距離感を、どうとらえていますか。

 背後を取れるなら取ってしまいましょう、というのは、我々の攻撃の中で優先順位の一番上にあるので、前半もそうですし後半もそうで、実際に背後が取れていて、そこに対するボールもしっかりと出せていると、それであればなんら問題はないと思います。
 ただし、それが結局引っかかってしまったり、相手にはじき返されたりしたときに、当然我々が押し上げていなければ、セカンドボールを相手に拾われてしまうということなので、それはミスだとしたら、技術的なミスなのか、判断のミスなのか、というところになってくると思います。実際に後半は、セカンドボールも相手に拾われてしまうというのは、間違いなく判断のミスがあってのことです。相手最終ラインの方が人数が多いので、明らかにバックステップを踏んでいる。そこに対してボールを供給しようとしても、余程精度のいいボールを出せないと、我々は背中を取れない。であれば、どこが空いているのかというところを、先週と今週で、特に奪った後のボールのところをトレーニングしてきたので、もう少し違うところを探せればな、というところを正直なところ感じました。でもこれも、トレーニングをしてどんどん改善していくしかないので、粘り強くまたトレーニングをしていきたいですし、何となくミスを振り返って「ああ、通ったね」「通らなかったね」ではなくて、「ではそれはなぜなのか」というところをしっかりと見逃さずにやっていければ、必ず選手も成長してくれると思います。