NEWS <ニュース>

アカデミー・スクール

8月10日(土)、11日(日)、第17回 2019ベガルタカップ決勝大会を開催しました。

掲載日:2019年8月12日

8月10日(土)、11日(日)マイナビベガルタ仙台泉パークタウンサッカー場にて「第172019ベガルタカップ決勝大会」を行いました。参加チームは仙台市内各区を勝ち抜いたMESSE宮城FC(太白区代表)、高砂サッカースポーツ少年団(宮城野区代表)、将監FC(泉区代表)、SK(七郷・蒲町)SC(若林区代表)、仙台YMCAサッカークラブジュニア(青葉区)の5チームに、県外のチームとしてモンテディオ山形ジュニア村山(山形県)とファナティコス(群馬県)を招待し、ベガルタ仙台ジュニアを加えた計8チームが参加し、2日間熱戦を繰り広げました。

2019ベガルタカップ決勝大会
開会式

主催者代表挨拶 株式会社ベガルタ仙台 代表取締役社長 菊池 秀逸

参加した8チーム

今大会の試合球(株式会社モルテン提供)

協賛企業のみなさま、サポートありがとうございました。
大会の様子

仙台市内の代表チームも県外の強豪チームとの対戦に苦戦しているようでしたが、普段対戦することがないチームと貴重な機会となりました。

予選リーグ Aグループ

ベガルタ仙台ジュニア/MESSE宮城FC/高砂サッカースポーツ少年団/モンテディオ山形ジュニア村山

スライド

 

ベガルタ仙台

MESSE宮城

高砂

モンテディオ山形

勝点

得失点

順位

ベガルタ仙台

5-0

10-0

8-0

9

3

0

0

23

1

MESSE宮城

0-5

2-0

1-2

3

1

0

2

-4

3

高砂

0-10

0-2

1-2

0

0

0

3

-13

4

モンテディオ山形

0-8

2-1

2-1

6

2

0

1

-6

2

予選リーグ Bグループ

ファナティコス/将監FC/ SK(七郷・蒲町)SC /仙台YMCAサッカークラブジュニア

スライド

 

ファナ

ティコス

将監

S・K SC

仙台

YMCA

勝点

得失点

順位

ファナ

ティコス

11-0

2-1

0-0

7

2

1

0

12

1

将監

0-11

2-2

0-2

1

0

1

2

-13

4

S・K SC

1-2

2-2

0-0

2

0

2

1

-1

3

仙台YMCA

0-0

2-0

0-0

5

1

2

0

2

2

交流試合

決勝トーナメント

大会結果

優勝:ベガルタ仙台ジュニア
準優勝:ファナティコス
3位:仙台YMCAサッカークラブジュニア

表彰式
MVPシライシパン特別賞:
ベガルタ仙台ジュニア
伊藤 琉斗(いとう りゅうと)選手
プレゼンター:
白石食品工業株式会社
代表取締役社長 白石雄一 さま

FP伊藤ハムデイリー特別賞:
仙台YMCAサッカークラブジュニア
長野 恵弥(ながの けいや)選手

GK伊藤ハムデイリー特別賞:
高砂サッカースポーツ少年団
横山 陽太(よこやま ようた)選手
プレゼンター:
伊藤ハムデイリー株式会社
代表取締役社長 平嶋 裕一 さま
順位表彰

プレゼンター: 白石食品工業株式会社 代表取締役社長 白石 雄一 さま
伊藤ハムデイリー株式会社 代表取締役社長 平嶋 裕一 さま
株式会社ベガルタ仙台 取締役 渡辺雅昭

懇親会

日時:20198月10日() 1日目試合終了後
場所:水の森公園キャンプ場

■主催
株式会社ベガルタ仙台

■協賛
【ベガルタカップ特別協賛パートナー】
白石食品工業株式会社、伊藤ハムデイリー株式会社

【CSR パートナー
TOYO TIRES

【ベガルタカップ協賛パートナー】
アイリスオーヤマ㈱、㈱やまや、㈻角川学園、㈱七十七銀行、㈱橋本店、アクトス建設㈱、㈲アズ薬局、税理士法人会阿部会計事務所、いけだ循環器クリニック、㈱ウェルハムフーズ、㈱エイチ・アイ・エス、㈱木村土建、宏和機工㈱、ささき司法書士事務所、庄子整形外科医院、庄司内科小児科医院、仙北信用組合、台原駅前耳鼻いんこう科、㈲ティエスメディカルまごころ調剤薬局、七北田クリニック、日本体育施設㈱東北支店、マルニ食品㈱、㈱マンダム、南三陸ホテル観洋、(一社)宮城県建設業協会、森永乳業㈱東北支店、(株)青葉冷蔵、赤城乳業㈱、エバラ食品工業(株)、コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱、(株)モルテン

■後援
宮城県教育委員会、仙台市、ベガルタ仙台ホームタウン協議会、(一社)宮城県サッカー協会、仙台市サッカー協会、仙台市サッカースポーツ少年団協議会

■事務局より
前日までとは打ってかわり、霧雨模様で時には肌寒くも感じる天候の中開催された予選リーグ。Aグループはベガルタ仙台ジュニアが圧倒的な力を見せつけ1位で突破を決めました。Bグループは昨年優勝のファナティコスに一泡吹かせようと各チームが懸命に臨む中、巧みに戦うファナティコスが危なげなく突破を決めました。
ともに1位突破を果たした両チームが2年連続決勝で相見える形となり、昨年の雪辱を晴らそうと意気込むベガルタ仙台ジュニアが前半に2点を先行すると、その後はファナティコスの反撃をかわし、大会を通して無失点で、4年ぶりとなる優勝を果たしました。
曇り空の中開催された2日間、選手たちにとってはプレーしやすい天候だったのか、各試合とも点差を感じさせない伯仲した戦いとなりました。
参加した選手たちにとって、県外からの招待チームを含め、各チームとの対戦を通して感じた経験や、バーベキューで深めた交流の輪が、今後にとって貴重な2日間となってもらえれば幸いです。これからも、みなさまのご協力のもと、ベガルタ仙台が地域に貢献していける活動を続けていきたいと考えております。
最後になりますが、決勝大会の運営にご協力いただいた関係者のみなさま、ご協賛いただきました協賛企業各社、ご参加いただいたチームのスタッフ及び保護者のみなさま、2日間ご協力を賜り、誠にありがとうございました。厚く御礼申しあげます。