NEWS <ニュース>

アカデミー・スクール

ユース】高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021東北第12節結果

掲載日:2021年8月29日

8月28日に行われた「高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021東北」第12節の結果は以下の通りです。

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021東北結果
45分ハーフ

第12節 8月28日(土)17:00~ ベガルタ仙台ユース1-3(前半0-1/後半1-2)モンテディオ山形ユース(マイナビ泉PT)※無観客
得点者
45+2分失点、72分失点、78分失点、86分太田翔瑛

メンバー
GK 1佐藤清弥
DF 2大森悠、3野川岳(→64分28佐々木裕貴)、11太田翔瑛、24山田泰樹(→76分26西尾悠翔)
MF 6須田菖太(→82分8齋藤滉介)、10荒川颯磨、14熊谷柊治、18小林亮太
FW 13加藤壱盛(→64分15工藤紫苑)、23小野獅道(→76分19中田有祐)
サブGK22浅沼英志、DF31千場尊、MF7淀川誠珠、34松本琉聖

順位(8月28日まで)

1位 尚志高 勝点30 得失点差+29 総得点38 11試合消化
2位 青森山田高セカンド 勝点26 得失点差+19 総得点28 11試合消化
3位 仙台育英高 勝点19 得失点差+12 総得点25 10試合消化
4位 モンテディオ山形ユース 勝点17 得失点差+8 総得点21 9試合消化
5位 聖和学園高 勝点14 得失点差+5 総得点18 9試合消化
6位 帝京安積高 勝点11 得失点差-8 総得点17 10試合消化
7位 ベガルタ仙台ユース 勝点11 得失点差-8 総得点15 11試合消化
8位 盛岡商高 勝点9 得失点差-15 総得点12 10試合消化
9位 聖光学院高 勝点5 得失点差-25 総得点8 11試合消化
10位 遠野高 勝点3 得失点差-17 総得点9 10試合消化

木谷公亮監督コメント

■夏の全国大会後にどういうところを高めたいと思ってトレーニングしてきたか。

まず攻守の重心をもっと前に持って行くことに重きを置きつつ、その中で前だけになるのではなく、しっかり幅を使いながら自分たちでゲームコントロールするところ、もうひとつは自陣での守備をクラブユース選手権明けはより重点的にやりました。

■試合を振り返って。

前半最後のワンプレーのところまではしっかりゲームをコントロールしながら、(プレーを)やめる判断もできていました。しかし、最後の決定機の一つ前のところのジャッジがまだまだ足りません。われわれがボールを持っているように見えて、決定機までは行き切れていませんでした。その中で1失点目、3失点目(カウンターによる失点)はリスクマネジメントをして当たり前に防がなければいけないところですし、そういうところにまだ隙がありました。自分たちでゲームをコントロールしていても、1本で(自陣のゴールに)行かれてしまったら、ゲームは難しくなります。

■継続すべき点と改善すべき点について。

継続して積み重ねていく部分と、毎試合のように3失点以上していますし、改善すべき部分ともっと本気で向き合うこと。良い部分は失わずに、攻守の最後の部分にもっとこだわって試合を決められるところまで行きたいと思います。

MF 18 小林亮太選手コメント

■キャプテンマークを巻き、ゲームキャプテンを務めていたが。

キャプテンの(淀川)誠珠君、副キャプテンの(工藤)紫苑君が(先発で)試合に出られない状況で、自分がしっかりとチームを引っ張っていかないといけないと思っていたのですが、結果としてまとまれずに負けてしまったことは重く受け止めて、これからに生かしていかないといけないと思います。

■良い攻撃がありながら、なかなか得点が奪えなかった理由は。

今週の練習ではしっかりと自分たちでボールを握ることを意識してやっていました。前半特に良い形が出たのは良かったのですが、フィニッシュ、最後のゴール前での質というところが全体的に低くて、ゴールにつながらないことが多かったです。ゴール前の質をもっと高めていかないと、自分たちも点数が取れなくて勝てないことにつながりますので、改善していかないといけません。

■カウンターとセットプレーから失点したことについて。

カウンターとセットプレーは自分たちがボールを握っている時、しっかり警戒しなければいけないところですし、前回の試合(帝京安積高戦)と合わせて7失点しているのは、自分たちの隙が出ていると思っています。そしてモンテディオが相手なら、なおさら自分たちの気持ちを見せるところや、隙を見せないことは、ダービーなのでしっかりやらなければいけないので、結果として複数失点して負けてしまったのはすごく残念です。

■今後に向けての意気込みは。

まずは今、自分たちがなかなかリーグ戦で勝ちきれないという現状を受け止める必要があると思います。そこから自分たちが点数を取るところだったり、無失点で抑えるところだったりを練習で詰めてやっていかないといけないと思います。

DF 11 太田翔瑛選手コメント

■試合を振り返って。

前回(帝京安積高戦)よりは良い感じで試合に入れて、自分たちで試合をコントロールできていたのですが、前半の最後でちょっとしたミスから失点してしまって、それが後半にも響いて結局3失点して試合が終わってしまいました。

■失点は全てカウンターとセットプレーからだったが。

ボールを持てていた分、攻めの意識が強くて、ボールを取られた時の絞りや、裏に走られた時のカバーリングが遅くなって失点につながりました。

■ゴールを振り返って。

3失点中2失点は自分が絡んでいる場面だったので、その分自分が決めるチャンスはコーナーキックしかないので、決めようという意識で押し込みました。

■今後に向けての意気込みは。

帝京安積の時も、モンテディオの時も、崩されてと言うより、カウンターからなどしっかり守れる場面での失点が多いので、次までに修正して勝てるように臨みたいと思います。

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2021東北今後の日程(45分ハーフ)

第13節 9月 4日(土)11:00~ vs帝京安積高(帝京安積高IVY FIELDフットボール場)※無観客
第14節 9月11日(土)11:00~ vs聖光学院高(マイナビ泉PT)
第15節 9月18日(土)10:30~ vs盛岡商高(いわぎんスタジアム)
第16節 9月25日(土)11:00~ vs尚志高(マイナビ泉PT)
第17節 10月2日(土)11:00~ vs青森山田高セカンド(マイナビ泉PT)
第18節 10月9日(土)11:00~ vs聖和学園高(マイナビ泉PT)
第 1節 日時未定 vs遠野高(会場未定)