NEWS <ニュース>

アカデミー・スクール

【ジュニアユースU-15】高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会東北プレーオフ代表決定戦結果

掲載日:2021年11月13日

11月 13日に行われた「高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会東北プレーオフ」代表決定戦の結果は以下の通りです。ベガルタ仙台ジュニアユースは3年ぶり12回目の全国大会出場を決めました。

高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会東北プレーオフ結果
40分ハーフ、10分ハーフ延長戦・PK戦あり

11月13日(土)11:00~ 代表決定戦 ベガルタ仙台ジュニアユース1-0(前半1-0/後半0-0)ブラウブリッツ秋田U-15(石巻フットボール場)
得点者
11分伊藤琉斗

【メンバー】
GK 1室井陸杜
DF 2板垣大翔、3木村陸、5吉田空斗、16門脇康太、21似内久穏
MF 19菊池歩磨(→78分18齊藤成生)、23松田匠未(→62分15加藤公基)
FW 10浦上大和、11竹沢航(→54分4渡邉幸輝)、20伊藤琉斗
サブ GK12平山陽樹、MF8横山琉偉、14斎藤群青、FW31阿部壮汰
※代表決定戦勝利で全国大会出場決定

瀬川誠監督コメント

■試合を振り返って。

相手の状況を見てつなぐのでも良いし、スペースを突くのでも良いのでどんな形でも良いから相手コートでプレーしよう、ということを選手が意識してやってくれました。あとは試合を通じて、走力・球際・切り替えの部分で上回れたと思います。

■苦しい時間帯も守り切れた要因は。

昨年の今大会で、最後残り5分で追いつかれてPK負けを喫しました。走力・球際・切り替えを今年1年さらにやっていこうと積み上げてきたことだと思います。あとは、メンバー外の選手みんなが、会場に来てサポートしてくれて、試合に出ている選手に力を与えてくれたことだと思います。

■全国大会への意気込みは。

全国大会では一つでも多くの試合をして、選手、スタッフ、みんなが成長できるような大会にしていきたいと思います。

キャプテンDF 5 吉田空斗選手コメント

■試合を振り返って。

チーム全員で守備も粘り強くやれて、相手コートで試合をし続けることはできませんでしたが、全員の力が全国大会につながりました。

■苦しい時間帯で守り切れた要因は。

この大会で守備陣がすごく粘り強くやれていたので、この試合も全員で体を張って守ろうと言っていたので、それを代表決定戦でも出せました。

■全国大会への意気込みは。

東北の代表としてベガルタ仙台らしく、走力・球際・切り替えを全国で見せつけたいと思います。

FW 20 伊藤琉斗選手コメント

■試合を振り返って。

前半は守備面でチームに貢献できたのですが、後半は競り合いで勝てず、守備で足を引っ張ってしまいました。

■門脇選手のクロスからのゴールシーンを振り返って。

練習でも良いボールが来ていたので、練習の成果が出たと思います。

■JFAストライカーキャンプに参加して学んだことは。

全国からいろいろな武器を持っているストライカーが来ていて、自分が通用することと通用しないことが分かったので、行って良かったです。

■全国大会への意気込みは。

先輩が帰ってきたら、レギュラー争いも激しくなると思います。レギュラーをつかんで全国大会に出たいです。

高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会日程

12月11日(土)~27日(月)