NEWS <ニュース>

アカデミー・スクール

【ジュニアユースU-15】第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東北大会決勝結果

掲載日:2022年7月10日

7月10日(日)に行われた「第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東北大会」の結果は以下の通りです。ベガルタ仙台ジュニアユースは2大会ぶりの優勝で、東北第1代表として4大会連続21回目の全国大会出場を決めました。なお、最優秀選手にMF阿部琉海選手、優秀選手にDF木村陸選手、MF松田匠未選手、FW佐々木亮選手、FW伊藤琉斗選手が選出されました。

第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)東北大会結果
40分ハーフ、10分ハーフ延長戦・PK戦あり

7月10日(日)13:00~ 決勝 ベガルタ仙台ジュニアユース2-1(前半0-0/後半2-1)モンテディオ山形ジュニアユース庄内(みやぎ生協めぐみ野サッカー場A)
得点者
43分松田匠未、51分失点、68分伊藤琉斗

キャプテンDF 5 似内久穏選手コメント

スタメンで出ていた選手は当たり前ですが、ベンチ外もベンチ内もみんなで戦えたのが勝利に結びつきました。1、2年生も来てもらって「オールベガルタ」でミーティングから全員で戦おうと話していて、今日も全員で声を出せたので(追いつかれた後)追加点を取れたと思います。みんなひとりひとり個性があるのですが、それがみんな合わさって、みんなで盛り上げて練習も試合もやれた結果です。
昨年もクラブユースと高円宮杯の全国大会に出場させてもらって、どちらもベスト32でしたが、今年はベスト16に進んでその先の優勝も狙っていきたいと思います。

第37回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会日程
40分ハーフ、10分ハーフ延長戦・PK戦あり

8月15日(月)~24日(水)(北海道帯広市などで開催)
※詳細な日程が決まり次第お知らせいたします。
※東北第1代表ベガルタ仙台ジュニアユース、東北第2代表モンテディオ山形ジュニアユース庄内、東北第3代表モンテディオ山形ジュニアユース村山が出場