NEWS <ニュース>

アカデミー・スクール

【ユース】第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会グループステージ1日目結果

掲載日:2022年7月24日

7月24日に行われた「第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会」の結果は以下の通りです。

第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会結果
グループステージ(Fグループ)(35分ハーフ)

7月24日(日) 8:45~ ベガルタ仙台ユース2-1(前半1-1/後半1-0)ジュビロ磐田U-18(前橋フットボールセンターD)
得点者
2分小林亮太、29分失点、47分小野獅道
メンバー
GK 1佐藤清弥
DF 2山田泰樹、4阿部駿也、12今井陸翔
MF 6高橋櫂、10小林亮太、11河野和真(→54分8齋藤滉介)、14松本琉聖、20各務剛良
FW 9小野獅道(→67分23佐々木悠磨)、19中田有祐
サブ GK16渋谷駿介、DF3佐々木裕貴、5花田匠平、13千場尊、MF28関根颯平、34齋藤俊輔、36稲葉爽来

Fグループ順位(7月24日まで)

1位 ベガルタ仙台ユース 勝点3 得失点差+1 総得点2
2位 FC東京U-18 勝点1 得失点差0 総得点0
2位 ロアッソ熊本ユース 勝点1 得失点差0 総得点0
4位 ジュビロ磐田U-18 勝点0 得失点差-1 総得点1
※グループ2位以上がノックアウトステージ進出

MF 10 小林亮太選手コメント

■先制ゴールを振り返って。

立ち上がりから自分たちよりプレミアリーグWESTで戦っているジュビロさんの方がチームとしての力があると思ったので、まず自分のところにボールが入った時に1回(シュートを)打ってみて何か起こればな、と思ったのですが、入って良かったです。

■山田泰樹選手からボールが来てのシュートでしたが。

泰樹は自分のことを見てくれているので、泰樹から来たボールをこれからの試合でも決めて行ければと思います。

■その後押し込まれる展開が続きましたが。

やっぱりチームとしての強さはジュビロさんの方が全然上だったと思いますが、自分たちもしっかり足を運んで、全員で守備した結果、決めきるところをしっかり決めきれて勝てたので良かったです。

■同点に追いつかれた後、ワンチャンスを決めきれたことに成長を感じますか。

自分たちのシーズンの初めは、試合の終盤に失点して追いつかれたり負けたりという試合があったのですが、全員でしっかりと戦って、(小野)獅道が一人でゴールまで持って行ってくれたので、チームとしての成長もあったのかな、と思います。

■明日のFC東京U-18戦に向けて。

この大会に来ているチームは、チーム力で言ったら自分たちと同じくらいかそれよりも強いチームがほとんどかと思います。一戦一戦全員で戦っていけば勝てるということは今日の試合でも分かったと思いますので、明日の試合も全員で戦って勝ちきりたいです。

FW 9 小野獅道選手コメント

前半の最初、良い形で点に結びついて先制できたのですけど、その後押し込まれる展開が続いて、1本前に抜け出すことを意識していたので、決勝点にそれがつながりました。

■ゴールシーンを振り返って。

センターバックの(阿部)駿也からボールが来て、それを(山田)泰樹がスルーして、自分も反応しきれなかったのですが、相手も反応しきれなくて、相手のトラップミスを狙ってボールを奪って1人抜いてシュートを打ちました。

■プリンスリーグ東北よりも決定機が少なくなることを考え、シュートチャンスで決めきることを意識していましたか。

プリンスリーグで全然決めきれなくてチームに迷惑をかけることもあったので、ここでしっかり決められて良かったです。

■前線からの守備でもチームを助けていましたが。

コンパクトに守ろうという守備の仕方なので、FWはスライドが大変でしたが、相手のボランチを消しながら、しっかり前向きに守備できていたと試合全体を見て思います。

■明日のFC東京U-18戦に向けて。

チャレンジ精神を持ってしっかりトライして、今日みたいに勝ちきれるように頑張りたいです。

第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会今後の日程
グループステージ(Fグループ)(35分ハーフ)

7月25日(月) 8:45~ vsFC東京U-18(大渡緑地多目的グラウンド)
7月27日(水) 8:45~ vsロアッソ熊本ユース(前橋フットボールセンターB)

ノックアウトステージ(ラウンド16・準々決勝40分ハーフ、PK戦あり)(準決勝・決勝40分ハーフ、10分ハーフ延長戦・PK戦あり)

7月28日(木) 8:45~ ラウンド16(群馬県内)
7月30日(土) 8:45~ 準々決勝(前橋フットボールセンター)
8月 1日(月)16:00~または18:30~ 準決勝(正田醤油スタジアム)
8月 3日(水)18:00~ 決勝(正田醤油スタジアム)