NEWS <ニュース>

クラブ

-クラブ創立25周年記念事業-パネル展を開催しました

掲載日:2019年10月24日

10月16日(水)~20日(日)、東北電力グリーンプラザにてベガルタ仙台 クラブ創立25周年パネル展を開催いたしました。ブランメル仙台からの25年間を5つの時代、47枚のパネルに分け、会場中央には2018年の天皇杯 準優勝などのトロフィーを展示。思い出を振り返る方や歴史を新たに学んだ方など、5日間で約2,800人の方にお越しいただきました。

1994年のブランメル仙台誕生から始まり、ベガルタ仙台としての新たなスタート、初めてのJ1昇格、降格からの苦しいJ2時代、そして再昇格から現在に至るまで、といったクラブの歴史を、往年の名選手や名場面で振り返ります。さらに、今シーズンのゴールハイライトも会場内のビジョンで上映され、多くの人が足を止めて歓喜の瞬間を見つめていました。

また、初日の16日には梁勇基選手、富田晋伍選手、道渕諒平選手によるサイン会を実施しました。整理券のためにお待ちいただいた人や帰宅途中に立ち寄った方などで賑わいを見せます。サイン会終了後には、選手がパネルへサインを入れ、パネル展後半には撮影スポットになっていました。

ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました。これからの25年に向けてクラブの歴史はすでに動き始めております。新たなページを一枚づつみなさまと共に作り上げていければと思いますので、今後ともベガルタ仙台へのご声援をよろしくお願いいたします。