NEWS <ニュース>

クラブ

子育てママのベガルタ試合観戦とドアダッシュでアカチャンホンポの利用体験 インタビュー

掲載日:2022年4月28日

今シーズンからドアダッシュがベガルタ仙台のスポンサードを開始いたしました。また、ドアダッシュでは今年3月よりアカチャンホンポの商品をデリバリーするサービスをスタートし、子育て世代の方の利便性はますます向上しています。今回は、3歳の女の子の育児で大忙しのママ(mosumanga30)さんに4月10日に開催されたベガルタ仙台vsレノファ山口FC戦を観戦された感想とドアダッシュの利用体験をお聞きしました。

-ベガルタ仙台の試合を観戦してみていかがでしたか?

すごく良かったです。生でスポーツ観戦をすること自体が初めての経験でしたが、スタジアムのお祭りみたいな雰囲気や、選手との距離の近さ、試合中の一体感などがすごく感じられて、サッカーのルールをわからずに観戦に来ましたが、それでもとても楽しめました。
子どもは飽きてしまって席を離れる時間が、前後半で1回ずつありましたが、終わってみればあっという間でしたね。

-今シーズンからドアダッシュがベガルタ仙台のスポンサーになり、「ドアダッシュコンテスト」というピッチ上をダッシュするイベントや「ドアダッシュ川柳」という川柳募集など、参加型のイベントを実施していますが、このような参加型イベントについてどう思いますか?

選手が使う実際のピッチの上を走れるイベントなんですよね。私も足を踏み入れてみたいな、と思いましたし、とても面白そうな企画だと思います。川柳もいくつか読んでみたのですが、着眼点が面白いものがあって、読んでいて楽しかったです。このような参加型のイベントがあると、とても身近に感じられますね。

-仙台での生活はいかがですか?

福島市から引っ越してきて2年になりますが、仙台は車の交通量が非常に多いと感じています。買い物に行く際も車を利用することが多いですが、子どもと一緒だと荷物が多くなっても、子どもからも目が離せないので買い物に大変さを感じることがあります。

-アメリカではNo1のシェア率を誇るフードデリバリーサービスで、昨年、日本では仙台でサービスを開始したドアダッシュが、今年3月から子ども向けの商品を取り扱うアカチャンホンポの商品をデリバリーするサービスを開始しました。実際に利用されたとお聞きしましたがいかがでしたか?

お手拭き用のウェットシートとおかしとママ用のカフェオレを買いました。デリバリーで箱買いができるのはうれしかったですね。さらに、20分単位で届く時間を選べるのが良かったです。外出する用事がある時でも帰宅時間に届くように設定できるのが便利でした。
双子を育てる姉を見ていて、買い物が大変そうだなと思っていたので、そういう人にはピッタリだと思いました。私自身も子育てをするようになって、一人だったらすぐに終わるような買い物でも、子どもを連れて行くと大変に感じることがあります。特におむつなど、かさばる物を買う時などです。そういうシーンではデリバリーを利用するメリットがあると思います。
まだ子どもが3歳なので、もし子ども服などデリバリーで購入できる品数が増えたら、もっとアカチャンホンポを利用すると思います。

-お母さんの目線からお子さん連れでの観戦に関する要望などはありますか?

スタジアム観戦が初めてだったので、最初は緊張しましたが、トイレも快適であまり不便はありませんでした。
もし、可能であれば、ずっと子どもを膝の上で座らせておくのも大変なので、子どももいっしょに遊べるスペースがあったりするとうれしいです。すごく楽しかったので、また機会があったら観戦したいと思います。

 


mosumanga30さんInstagram


ドアダッシュ


アカチャンホンポ