NEWS <ニュース>

ホームタウン

【KIZUNA未来プロジェクト】宮城明泉学園 明泉丸山幼稚園にて幼稚園キッズサッカーキャラバンを実施しました

掲載日:2019年5月27日

5月27日、宮城明泉学園 明泉丸山幼稚園にて幼稚園キッズサッカーキャラバンのサッカー教室とチアダンス教室を実施しました。
クラブ創立25周年記念【KIZUNAプロジェクト】の一環である本事業は、幼少期からスポーツの楽しさを体感してもらうことを目的にスタートしたものです。

30度を超える真夏のような猛暑となりましたが、暑さに負けない200名を超える年長の園児たちが、サッカーかチアダンスの教室に参加しました。サッカー教室の指導は、平瀬智行 クラブコーディネーター、菅井直樹 地域連携課スタッフ、スクールコーチが行います。
ボールを手に持っての鬼ごっこで、コーチの名前を覚えながらウォーミングアップ。シュート練習をした後にゲームを行いました。また、最後にはコーチvs園児のエキシビジョンマッチも行われ、平瀬や菅井、スクールコーチがテクニックを披露していました。

チアダンス教室は、ベガルタチアリーダーズのKotono、Mikako、Mizukiがそれぞれ担当しました。まずは、チアリーダーの普段の仕事について、園児たちに紙芝居形式で話していきます。青いチアユニフォームを着た集合写真を見せると、「かわいい」「きれい」と言った声が聞こえてきました。ゴールドとブルーのポンポンを受け取るだけで園児たちにはすでに笑顔があふれます。ベガッ太やルターナも参加して、一所懸命振り付けを覚えながら最後の発表に向けて練習しました。最後の発表は、日ごろの感謝の気持ちを込めて、先生方へ向けてパフォーマンスを行いました。

これからもベガルタ仙台は、スポーツによって体を動かすことの楽しさを少しでも多くの子どもたちに伝えていきます。