NEWS <ニュース>

ホームタウン

【KIZUNA未来プロジェクト】大野田幼稚園にて、幼稚園キッズサッカーキャラバンを実施しました。

掲載日:2019年10月18日

10月18日(金)、学校法人富沢学園 大野田幼稚園にて幼稚園キッズサッカーキャラバンを実施しました。本日は、スクールコーチによるサッカー教室とベガルタチアリーダーズによるチアダンス教室です。園の名前が入ったおそろいのTシャツに袖を通した、小さなサッカー選手やチアリーダーの笑顔があふれました。

小さなチアリーダーにダンスを教えるのは、ベガルタチアリーダーズのKotonoとMikakoです。ベガッ太に見守られながら、一生懸命に25周年記念コラボ ベガルタ仙台×パンダライオン 応援ソング『STAY GOLD ~黄金の時代へ~』を覚えていきます。ベガチアのように上手く踊れなくても、元気や笑顔は負けていません。掛け声や決めポーズなど、ポイントの部分ではしっかりアピール。本物のチアリーダーを目指してくれる子がいるかは分かりませんが、ダンスを好きになる小さなきっかけにはなったはずです。

一方の園庭では、クラブコーディネーター 平瀬智行、地域連携課スタッフ 菅井直樹、スクールコーチと共に、小さなサッカー選手がボールを追いかけました。大人数の中、ゲームでボールを触るチャンスはなかなか訪れませんが、必死に目の前のボールへアプローチ。ボールがまっすぐ蹴れないと「どうやったら上手くなれますか」と、コーチを探しては真剣にレクチャーを受けます。子どもの歓声が聞こえたので視線の先を追うと、またしてもベガッ太がみんなの様子を見守っていました。

小さなチアリーダーとサッカー選手は、それぞれの教室を終えると、小さなベガッ太&ルターナに変身。肌寒さを感じる曇り空、疲労や緊張で表情の固い子もいましたが、最後は大きな声で元気一杯に「ばいばーい」とお見送りをしてくれました。

今日をきっかけとして、ユアテックスタジアム仙台に小さなサポーターが少しづつでも増えてくれれば、ベガルタ仙台とホームタウンに新たな絆が生まれるはずです。