NEWS <ニュース>

ホームタウン

【KIZUNA未来プロジェクト】しげる幼稚園にて、幼稚園キッズサッカーキャラバンを実施いたしました。

掲載日:2019年11月18日

11月15日(金)しげる幼稚園にて、今シーズン最後となる幼稚園キッズサッカーキャラバンを実施いたしました。
25周年記念事業【KIZUNA未来プロジェクト】の一貫として始まった「幼稚園キッズサッカーキャラバン」は、幼稚園年代の子どもたちに、スポーツの楽しさを知ってもらうことを目的としながら、同時に、友達と協力すること、思い出を共有することの大切さも広めてまいります。

15回のサッカー教室・チア教室を通して、子どもたちは本プロジェクトの主旨を、「頭」で理解するのではなく、「心」ですでに知っていると教えられました。本日の教室においても、上手にボールをあつかえなくても、つまづいて転んでも、前向きに一生懸命取り組む姿がありました。

選手時代の寡黙なイメージそのままに、幼稚園キッズサッカーキャラバン開始当時は、物静かに参加していた地域連携課スタッフ菅井直樹。回数を重ねるごとに、子どもたちに話しかける回数や、笑顔を見せることが増え、本日も誰にも負けないキラキラした表情で、ボールを追いかけていました。サッカーに対する情熱や、まっすぐ純粋な心が、多くのサポーターに愛される理由であると本事業を通して、実感させられます。

チアダンス教室は、チアリーダーにとって一番大切な笑顔のレッスンから始まります。 最後には、普段お世話になっている先生や、仲良くしているお友達に感謝を込めて、発表会を行いました。 チアリーダーの役割は、上手に踊ることだけではありません。とびっきりの笑顔で、周囲の人を明るく、幸せにすることです。 本日参加してくれたみなさんも、普段の生活から笑顔を絶やすことなく、家族、友達、先生、近くにいる人たちに、元気を与えてくれたらうれしいです。

「あなたといると笑顔になれる、そういわれる人のもとに幸せはやってくる。」 新入社員の私は、入社時に平瀬から教わったこの言葉を、胸に刻んで今シーズンを過ごしてきました。幼稚園キッズサッカーキャラバンを通じて、素直に楽しむことや、人に感謝することの大切さが、身に染みて分かりました。

私たちベガルタ仙台はこれからも、地域の人々を笑顔に、幸せにするために、歩み続けてまいります。