NEWS <ニュース>

ホームタウン

インクルーシブスポーツキャラバン2022 in多賀城を開催しました

掲載日:2022年5月27日

インクルーシブスポーツキャラバンは、障がいの有無や程度に関わらず、みんなで楽しむスポーツイベントです。

知的障がい児保護者による支援団体 障がい者サポーターズGolazo!・尚絅学院大学・知的障がい者サッカーチームSendai Forza・株式会社ベガルタ仙台・自治体の共催で2021年から開催しています。キャラバンは、宮城県内の特別支援学校や小・中学校に在籍する児童・生徒を集め、多様な人々が共に活動し、スポーツや体を動かすことの楽しさを体感しながら、障がい者理解に繋げることを目的としています。

また、運営には知的障がい者サッカーチームSendai Forzaに所属する選手がボランティアスタッフとして参加します。サポートされる側から、サポートする側へ、新しい経験にチャレンジすることも、もう一つの目的です。

開催2年目となる2022年第1回目は、多賀城市様に共催いただき、55日さんみらい多賀城イベントプラザ(STEP)において開催しました。参加者親子とスタッフ総勢127名がみんなで一緒に楽しく体を動かしました。

スタッフは、キャラバン開催前にJFA公認キッズリーダー養成講習会を受講。講師の渡辺篤史(ベガルタ仙台普及部長 兼 スクールマスター)から、6歳以下の子どもへの指導方法を学びました。

いよいよ、キャラバンのスタートです。

まずは、ベガルタチアリーダーズとウォーミングアップのダンス。覚えたダンスを、みんな上手に踊っています。

次は、尚絅学院大学の学生が企画する、体を使ったレクリエーション。段ボールの板から落とさないように、みんなで一緒にボールを運びます。子どもたちの笑顔もだんだん増えてきます。

最後は、ベガルタ仙台アカデミーコーチによるボール運動。パス練習、手をつないでのゲーム、元気に体を動かします。

キャラバンは、尚絅学院大学の学生を中心に会場運営を行い、知的障がい者サッカーチームSendai Forzaの選手は、コーチのアシスタントを務めます。今回のキャラバンには、深谷晃祐 多賀城市長にもご参加いただきました。

障がいのある人もない人もみんなでスポーツを楽しみ、笑顔になり、共に学ぶことができる活動を、今後も展開していきます。インクルーシブスポーツキャラバンは、2022年宮城県内各地にて11回開催する予定です。

【共催】
障がい者サポーターズGolazo!
 尚絅学院大学
知的障害者サッカーチームSendai Forza
多賀城市
株式会社ベガルタ仙台