NEWS <ニュース>

ホームタウン

インクルーシブスポーツキャラバン2022 in石巻を開催しました

掲載日:2022年6月21日

 

インクルーシブスポーツキャラバンは、障がいの有無や程度に関わらず、みんなで楽しむスポーツイベントです。

知的障がい児保護者による支援団体 障がい者サポーターズGolazo!・尚絅学院大学・知的障がい者サッカーチームSendai Forza・株式会社ベガルタ仙台・自治体の共催で2021年から開催しています。

キャラバンは、宮城県内の特別支援学校や小・中学校に在籍する児童・生徒を集め、多様な人々が共に活動し、スポーツや体を動かすことの楽しさを体感しながら、障がい者理解に繋げることを目的としています。

また、運営には知的障がい者サッカーチームSendai Forzaに所属する選手がボランティアスタッフとして参加します。サポートされる側から、サポートする側に、新しい経験にチャレンジすることも、もうひとつの目的です。

2022年第3回目は、611日桃生農業者トレーニングセンター体育館において開催しました。今回は放課後等デイサービスの利用者の方々に参加いただき、総勢116名が一緒に楽しく体を動かしました。

ベガルタチアリーダーズと、笑顔の練習と柔軟体操でウォーミングアップ。ダンスの振り付けにひとつずつチャレンジした後は、ポンポンを持って音楽に合わせてチアダンス。みんな、のびのび笑顔で踊っていました。 

 

今回は、宮城県障害者スポーツ協会様にご協力いただき、ボッチャ体験を開催しました。白いボールを目がけ、赤と青のボールを投げたり、転がしたり。白いボールに近い順に点数をつけ、赤と青のチームで得点を競います。ボールを投げるたびに歓声と拍手で盛り上がりました。

 

尚絅学院大学の学生が企画する、体を使ったレクリエーション。まずはビブスでボール運び。次は、新聞紙、段ボール、棒、筒など様々な道具を使ってのボール運びと、少しずつ難易度を上げながら、ペア、チームで協力しボール運びリレーを楽しみます。

 

ベガルタ仙台アカデミーコーチによるボール運動。コーンを目がけてシュート練習。シュートでコーンを倒せるかな。シュート練習のあとは、手をつないでのゲーム。たくさんボールをゴールできたチームが優勝です。

 

 学生から参加者に、てるてる坊主のメダルをプレゼント。「またいっしょにあそぼうね!」のメッセージが入っています。参加者からは、「楽しかった!」とたくさんの声を聞けました。

キャラバンの回数を重ねるごとに、スタッフ同士の連携も深まり、各団体お互いの活動から学びや気づきを得て、次の活動に活かすことができていることが実感できています。

障害のある人もない人もみんなでスポーツを楽しみ、笑顔になり、共に学ぶことができる活動を、今後も展開していきます。インクルーシブスポーツキャラバンは、2022年宮城県内各地にて11回開催いたします。

 

【共催】
障がい者サポーターズ Golazo!
尚絅学院大学
知的障害者サッカーチームSendai Forza
石巻市
(一社)宮城県障害者スポーツ協会
株式会社ベガルタ仙台

次回は、72() 大崎市(会場:宮城県立古川支援学校)で開催いたします。

尚絅学院大学
インクルーシブスポーツキャラバンin大崎 の申し込み受付を開始しました