NEWS <ニュース>

チーム > トップチーム

1月13日(月祝)、ベガルタ仙台キャンプ出発壮行式が行われました。

掲載日:2020年1月13日

1月13日(月祝)、ベガルタ仙台・市民後援会およびベガルタ仙台ホームタウン協議会の主催で、ベガルタ仙台 キャンプ出発壮行式が仙台国際空港で行われました。昨年同様、3連休の最終日ということもあり、空港には家族づれなど、約1,000名の方にお見送りをいただきました。

ベガルタ仙台・市民後援会 さとう宗幸会長による激励の言葉(記事下部に抜粋文)から式はスタートしました。サポーター代表の方から花束を、仙台国際空港株式会社より「仙台エアポートカレー(仙台空港の旧国内線ターミナルビルで提供されていた伝説の「ビーフカレー」を忠実に再現したもの)」100食を贈呈いただきました。 最後に木山監督、佐々木選手が式の御礼やキャンプへの意気込みを力強く語りました。
出発手続きを済ませたのち、多くのファン、サポーターのみなさまに見送られながら最初のキャンプ地となる沖縄へと出発いたしました。本日はお集まりいただき、たくさんの激励ありがとうございました。

ベガルタ仙台・市民後援会会長 さとう宗幸さま ごあいさつ(抜粋)

今年からチームを率いてくれます木山監督、そして、新しく加入されました選手のみなさまに、私たちサポーターは、心から歓迎申し上げる次第でございます。新しい環境のもとで、期することがたくさんあるかと思いますけれども、どうぞ思う存分に力を発揮されまして、我らがベガルタ仙台を支える大きな力になっていただきたいと思います。
今年は、J111年目の戦いになります。これまでの10年間、たやすいことではなかったかと思います。優しい道程ではなかったかと思います。毎年、毎年、その時の選手、そしてスタッフのみなさんが、ずっとつないできた大事な、大事な襷があります。11年目、今年に戦うときには、その襷をしっかり握りしめて、10年間の蓄積の上に、さらなる高みを、願わくば頂点を目指してがんばってっていただきたいと思います。今回のキャンプは、その体力作りと、戦術を深く理解するようなキャンプになろうかと思います。そして、みなさんの活躍が、よりベガルタ、まさに高いところで光り輝く希望の星となってくれることを、私たちは祈りながら、そして期待しながら、信じております。
222日の(明治安田J1リーグ)開幕戦、私たちは満員のユアスタでみなさんをお迎えし、そして勝利のために、力強い声援を送りたいと思います。
どうぞ元気でけがのないように、いってらっしゃい。

木山隆之監督 あいさつ(抜粋)

みなさんこんにちは。今日は本当に、これだけ多くの方々に熱烈に壮行会をしていただき、本当にありがとうございます。今日から沖縄で、本格的なキャンプをスタートします。厳しくも、チーム全体で活気がある、そして短い時間を大切にしながら、一日一日を大事に過ごして、いい練習を積み重ねてきたいと思います。
216日の(JリーグYBC)ルヴァンカップを一試合挟みますが、2月の22日、我々のホーム、ユアスタで最高のプレーができるように、いいシーズンのスタートが切れるように、全力で、チーム全員でキャンプを過ごしてきたいと思います。がんばってきます。ぜひ、ユアスタで待っていてください。よろしくお願いします。

MF 28 佐々木匠選手 あいさつ(抜粋)

おはようございます。休日の朝にもかかわらず、たくさんの人に来ていただいて、嬉しく思います。ありがとうございます。
これからキャンプに向かいますが、“熱結”というチームスローガンのもと、チームがしっかりひとつとなれるように熱いキャンプを過ごし、開幕戦からサポーターのみなさんを熱くさせられるようなサッカーをできるように、がんばってきたいと思います。期待して、待っていてください。ちょっと緊張してしまいましたが、待っていてください。いってきます。