NEWS <ニュース>

試合 > トップチーム > 天皇杯

第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会方式が変更

掲載日:2020年4月23日

今般日本サッカー協会は、第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会の大会方式を大幅に変更する方針を発表いたしました。新型コロナウイルスの感染予防および拡散防止を目的のため、各種大会の延期、中止が相次いでいること、Jリーグのスケジュール消化を考慮したものです。同大会は現時点では9月16日(水)に開幕し、Jリーグからは2020明治安田生命J1の成績上位2チームのみが12月27日(日)に予定している準決勝より出場します。当クラブの出場が決定した場合は別途、お知らせいたします。

【スケジュール】
準決勝 12月27日(日) ※2020明治安田生命J1の成績上位2チーム出場
決勝 1月1日(金・祝)

【大会方式】
50チームによるノックアウト方式
・Jリーグ2チーム(2020明治安田生命J1の成績上位2チーム/決定方法は検討中)
・アマチュアシード1チーム(Honda FC/JFL)
・都道府県代表47チーム(所属する第1種加盟チーム、Jクラブを含まない)

【AFCチャンピオンズリーグ出場権について】
・J1のチームが優勝した場合、AFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得
・J1のチーム以外が優勝した場合は、AFCクラブライセンス未取得のため、J1のチームに振り替え

 

大会詳細は日本サッカー協会のオフィシャルホームページをご確認ください。