NEWS <ニュース>

チーム

<観戦ルール>太鼓(ドラム)の使用について

掲載日:2020年11月30日

ベガルタ仙台は、Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに基づき、12月1日(火)の柏レイソル戦より、太鼓(ドラム)の使用を認めることといたします。ホーム、ビジターそれぞれ3台までといたします(詳細は<注意事項>太鼓(ドラム)の使用についてを参照)。それ以外は使用いただけません。スタジアム備品や、お手持ちのものを叩く行為などは禁止いたします。
太鼓(ドラム)の使用は、多くのサポーターのみなさまからご要望をいただいており、声を出す応援を誘引し、感染に影響しないか検討を続けてまいりました。残り2試合のホームゲームで手拍子の先導や統率を行い、みなさまの後押しを今まで以上にいただき、さらに一体感の増したユアテックスタジアム仙台でチームに勝利を目指してもらうことを目的に決定いたしました。

しかしながら新型コロナウイルス感染症の予防、拡大の防止により一層の注意が必要な時期です。引き続き、声を出しての応援、立つ、跳ねるといった応援行為はできません。ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

<注意事項>太鼓(ドラム)の使用について

・応援の先導、統率を目的に利用いただけます。
・ホーム、ビジターそれぞれ3台まで持ち込みいただけます。
・サポーター自由席バック、ビジター自由席でのみ使用いただけます。
・太鼓(ドラム)は立って叩くことが可能ですが、周囲のお客様のご迷惑にならないように注意してください。
・使用を希望される方は、ホームは試合開始3時間15分前(事前幕搬入の終了後)に東北ゲート付近、ビジターは3時間30分前(事前説明)に南ゲートにお集まりください。希望者、持ち込みが多数の場合は、それぞれ話し合いの上、決定してください。
・コンコースでの使用、周辺の商業施設、住居、その他施設への迷惑行為(騒音など)は禁止いたします。
・その他、現場の指示に従ってください。