NEWS <ニュース>

クラブ > トップチーム

トップチーム選手1名の 新型コロナウイルス感染症の陽性判定について

掲載日:2020年12月5日

12月3日(木)に実施したJリーグによる選手およびチームスタッフなどを対象とした唾液採取でのPCR 検査において、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。体調不良などの症状はなく、自宅で療養しております。
所轄の保健所の調査で濃厚接触者はおりませんでした。当該者以外に体調不良、発熱などの症状は現在のところ確認されておりません。経過については以下をご確認ください。
12月6日の明治安田生命J1リーグ第31節 大分トリニータ戦については予定通り開催されます。
※なお今後の状況により変更となる可能性があります。

【当該者】
トップチーム選手1名

【経過】
11月30日(月)
チーム活動に参加(体温:36.3度)
12月1日(火)
チーム活動に参加(体温:36.2度)
12月2日(水)
チーム活動はOFF(体温:36.1度)
12月3日(木)
チーム活動、Jリーグによる選手およびチームスタッフなどを対象とした唾液採取でのPCR 検査に参加(体温:36.4度)
12月4日(金)
チーム活動に参加
20:00ころに同検査の陽性の可能性が高いという判定を受け(その後、医師により陽性判定)、自宅で療養
体調不良などの症状は無し(体温:36.4度)
12月5日(土)
自宅で療養(体温:36.5度)
※チームはトレーニングを実施しておりません。

【代表取締役社長 菊池秀逸 コメント】
クラブとして検温、行動記録の管理を徹底し、感染予防に努めてまいりましたが、トップチーム選手が陽性と判定されました。当該者の1日も早い回復を願うとともに、クラブに関わるすべての方々、ならびに地域のみなさまの安全を第一に考慮し、感染拡大の防止に最大限努めてまいります。