NEWS <ニュース>

チーム > トップチーム

4月12日(月)、ストイシッチ選手加入会見を行いました。

掲載日:2021年4月12日

4月12日(月)、ストイシッチ選手加入会見を行いました。

ストイシッチ選手あいさつ

はじめまして、ストイシッチです。ネージャと呼んでください。出身はセルビアのベオグラードです。ベガルタ仙台に来る前は、ポルトガルでプレーをしていました。この長い期間、待っていてくれてありがとうございます。ここに来たことを本当に光栄に思っていますし、このクラブのために自分の持っているものをすべて出したいと思っています。

質疑応答(一部抜粋)

ようやく合流できた、今の心境を聞かせてください。

合流するのに長い期間を要しましたが、やっと合流できて、とても嬉しく思っています。今日はクラブ(チーム)の全選手とスタッフに会ったのですが、本当に素晴らしい人がたくさんいる印象を受け、たくさんのサポートをしていただきましたし、最初のトレーニングから素晴らしい練習ができたと感じたので、本当にここに来ることができて、とても嬉しく思います。

仙台への加入で決め手となったことを教えてください。

日本に来るのは2回目なのですが、最初に来たときに「もしかしたらここにまた戻ってくるかもしれない」という感情があって、日本ではどういうサッカーをするのか、どういう人が日本にいるのか、ある程度わかっていました。自分の国のチームからいくつかオファーはありましたが、10か月待ってでもここに来たいと思って決めました。なぜなら、自分にとってすごくいいオファーであり、いいストーリーだと思いましたし、自分がたくさんのものを与えられると思ったので、このクラブにしました。

加入決定から今までの長い間はどのように過ごしていましたか。

自分の国で、約1年チームには合流せずにトレーニングしていました。その生活はシンプルなもので、トレーニングをして、休んで、ジムに行って、休んで、それを日々繰り返していました。自分はもう、いつでも準備はできていて、いつでもプレーできる状態にはあります。

プレーでのアピールポイントを教えてください。

自分はファイターだと思っているので、このクラブのためにベストを尽くすつもりで来ています。何をできるか、証明したいと思っています。日々トレーニングをして、自分に訪れるチャンスに向けていい準備をしたいと思っています。

仙台にはJリーグ屈指のGKであるヤクブ スウォビィク選手がいますが、彼から学びたいことはありますか。

自分も彼がJリーグ屈指のGKだという印象を持っています。ただし、彼と競い合えることは自分にとっていいことだとも思っています。間違いなく、彼から学ぶことはたくさんあると思います。今日は一緒に練習ができなかったので、少し話しただけですが、一緒に話して彼から何が学べるのか、日々見ていきたいと思います。

サポーターにメッセージをお願いします。

ファンの方からたくさんのメッセージをいただいていて、それを見たときに素晴らしいファン、そして優しいファンがいるとすごく感じています。そのファンたちにスタジアムで会えることを楽しみにしていますし、ファン、そしてクラブのために自分はベストを尽くさなければいけないと思っています。そのため、日々努力していきたいと思います。