NEWS <ニュース>

クラブ > トップチーム

手倉森誠監督 退任のお知らせ

掲載日:2021年11月23日

今シーズンの成績、結果について、手倉森誠監督と当クラブで協議し、双方合意の上、11月22日をもって同監督の退任が決定しましたのでお知らせいたします。なお同氏には今後、クラブの強化、育成のサポートを担当いただきます。

手倉森誠(てぐらもり まこと)監督プロフィール

【生年月日】
1967年11月14日

【出身地】
青森県

【資格】
日本サッカー協会公認S級ライセンス

【指導歴】
1996年~2000年 モンテディオ山形 コーチ
2001年 大分トリニータ フィジカルコーチ
2002年~2003年 大分トリニータ ヘッドコーチ
2004年~2006年 ベガルタ仙台 コーチ
2007年 ベガルタ仙台 ヘッドコーチ
2008年~2013年 ベガルタ仙台 監督
2014年~2016年 U-21、22、23日本代表 監督
※第31回オリンピック競技大会(2016年リオデジャネイロ)サッカー競技(男子)日本代表 監督、Jリーグ・U-22選抜コーチ(2014年)、日本代表コーチ(2014年~2015年)を兼任
2016年~2018年 日本代表 コーチ
2019年~2020年 V・ファーレン長崎 監督
2021年 ベガルタ仙台 監督

【戦績】
2021年
リーグ戦:19位(5勝12分19敗)
カップ戦:グループステージ敗退
天皇杯:2回戦敗退※11月23日現在

【コメント】
このたび、監督を退任することになりました。震災から10年の節目の年、昨年ベガルタ仙台が苦しい状況に置かれた中、何とか力になれればと監督を引き受けさせていただきました。クラブの立て直し、昨年からの挽回とJ1残留を果たすべく力を注いできましたが力およばずJ2に降格させてしまい、大きな悔しさと責任を感じています。大変申し訳ありません。佐々木社長と共に、クラブ再建を誓い監督を務めてきましたが、J1残留を逃す事となり辞意を固めました。
残り2試合、スタッフと選手で来期につながる闘いを期待します。J2降格が決定した今、クラブ再建へ別の形で貢献して参りたいと思います。

株式会社ベガルタ仙台 代表取締役社長 佐々木 知廣コメント

手倉森誠監督には昨年末、チーム、クラブ状況が大変厳しい中、監督に就任いただきました。
震災から10年の節目の年、フロントとして十分な戦力を提供できなかったこともあり、結果が残せなかったことは大変残念に思っています。
今後は、フロントスタッフの一員として、昨年のようなチーム編成の遅れなどの轍(てつ)を踏まないよう、チーム強化そして育成へのサポートを通じ、クラブへ貢献いただくことを期待しています。